二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

明日、7月16日「ぼん送り火」です。

■■7月16日「ぼん送り火」です。

75-4.jpg

暦の上では「送り火」は7月16日です。
送り火とは、お盆の期間に迎え火でお迎えした先祖の霊を送り出す行事です。一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行います。
送り火は、一般的には7月16日の17時~19時(酉の刻)に行いす。近年世知辛いご時世、なかなか都合が付かない方は、前日の15日に「送り火」を実施しても構いません。この日をお盆の送り日とも呼びます。

78_3.jpg地域によっていろいいろな風習があります。
東京などの都市部では、。迎え火や送り火の火を「またぐ」という文化があります。焚いているおがらの上を3回「またぐ」ことで「病気から身を守ること出来る」と考えられてきたようです。

また、迎え火・送り火を焚くときには、自分の宗派のお経(お題目)を唱えたり、地域に伝わる言葉を唱えることもあります。

盆送り火」「精霊流し」お盆の最後の日。先祖の霊が無事にあの世へ戻れるよう、海や川に供え物や舟を流したり、送り火を焚いて送り出します。京都の「五山送り火」も精霊送りのひとつ。盆の期間に集団で行われる「盆踊り」は精霊を迎える、死者を供養する、霊を送り出すなどのための仏教行事です。
014.jpg◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
お盆の最後の行事です。送り火から迎え火まで一緒に過ごした先祖の霊を首尾よく送り返す仏教行事から始まっていますが、近年ではその謂れから先祖に思いを馳せるより、これ幸いに海外旅行などでバカンスをと決め込んでいる方も多いことでしょう。
ほんの少しだけ先祖に思いを馳せて、墓参などに出向きたいものです。

季節の変わり目です。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 明日、7月16日「ぼん送り火」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1626

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31