二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月30日~8月1日「大阪、住吉祭」「堺大魚夜市」です。

■7月30日~8月1日「大阪、住吉祭」です。■
130722_20.jpg摂津国 (せっつのくに)一之宮「住吉大社」は、全国約2300社余の「住吉神社」の総本宮です。
 
伊邪那岐命:いざなぎのみこと」は、「火神」の出産で亡くなった妻「伊邪那美命:いざなみのみこと」を追い、黄泉の国(死者の世界)に行きますが、妻を連れて戻るという望みは叶えられず、逆に穢れを受けてしまいました。
 
穢れを清めるため海に入って禊祓(みそぎはらい)した際に「底筒男命:そこつつのをのみこと」「中筒男命:なかつつのをのみこと」「表筒男命:うはつつのをのみこと」が生まれました。「住吉大神」は禊祓 (みそぎはらい) で出現されたので「禊祓の神」でもあります。住吉祭は大阪中を清める意義があり、古くから「おはらい」と呼ばれるほど、神道で最も大事な祓いを司る神なのです。
 
120725_20.jpg「住吉祭:すみよしまつり」は「夏越祓神事」です。華麗に着飾った夏越女、稚児らが茅の輪をくぐる儀式が行なわれます。五月殿で大祓式が執り行われたのち、一般市民も参加して本宮に参進しながら「茅の輪」をくぐること3度。
▼茅の輪をくぐる際に「住吉の夏越の祓する人は千年 (ちとせ) のよはひのぶといふなり」という和歌を口ずさみます。

第一本宮で祭典が行なわれ、無形文化財指定の熊野舞住吉踊りが披露されます。
また、住吉大神の御神霊(おみたま)をお遷した神輿が行列を仕立て、堺の宿院頓宮までお渡りする「神輿渡御」が行われます。 

住吉大社
◇公式HP:
http://www.sumiyoshitaisha.net/
◇大阪市住吉区住吉2丁目9-89
◇阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」または「住吉鳥居前駅」すぐ
◇南海本線「住吉大社駅」徒歩3分
◇南海高野線「住吉東駅」徒歩5分
◇阪神高速道路4号湾岸線「大浜出口」~


■7月31日「堺大魚夜市」です。■
120725_21.jpg堺大魚夜市:さかいおおうおよいち」とは、堺大浜公園とその周辺で毎年7月31日夜に行われる魚市のことです。堺の夏の風物詩として知られます。
 
住吉大社の夏祭り神輿堺宿院までの渡御の際、漁師が魚を持ち寄って神前に奉納したことに由来しています。一番の見どころは午後7時から行われる豪快な魚セリです。会場には夜店や企業のブース等も出展され、地域住民と密着した中世の堺港へタイムスリップしたような歴史的なお祭りです。  

魚市には、新鮮な海の幸を安く手に入れようと、たくさんの人が訪れます。ゆかた祭りやキャラクターショー、国際グローブ空手選手権大会、写真展などの催しなども行われ、1000店以上もの露店が立ち並び、毎年約20万人の人出で賑わいます。

堺市堺区の大浜公園
◇大阪府堺市堺区大浜北町4丁・5丁
◇南海線「堺駅」徒歩5分
◇堺大魚夜市:http://yoich.com/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
堺大魚夜市のオフィシャルサイトから転用:堺大魚夜市は、大阪府堺市堺区にある大浜公園で毎年7月31日に行われる魚市、祭の事です。鎌倉時代に始まったと言われ、およそ700年の歴史を誇る堺の夏の風物詩的行事となっております。

住吉祭りで穢れを祓って茅の輪をくぐり、堺大魚夜市のセリに参加するなど大阪らしい夏祭りです。お出かけの際には夜風に当たって、お風邪などお召しにならないようお体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月30日~8月1日「大阪、住吉祭」「堺大魚夜市」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/300

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28