二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月22日「敦賀、気比神宮 総参祭」です。

■7月22日「敦賀、気比神宮 総参祭」です。■
120709_37.jpg北陸の総鎮守・越前一の宮「気比神宮:けひじんぐう」は、大宝2年(702)の建立と伝わる祭神七座の延喜式内大社で、「伊奢沙別神:いざさわけ」に八幡の神々を祀った貴重な神社のひとつで、「けいさん」と呼ばれ親しまれています。
 
昭和20年、敦賀大空襲で大鳥居だけを残して焼けてしまいましたが、戦後の「和の大造営」によって再建されました。御祭神は、伊奢沙別神・仲哀天皇・神功皇后・日本武尊・應神天皇・玉妃命・武内宿禰命
 
総参祭:そうのまいりのまつり」は、年に一度、7月22日に御祭神「仲哀天皇」が、后の「神功皇后」を祀る常宮神社まで海を渡って逢いに行くという、敦賀湾の海を舞台に執り行われる神渡り神事です。
 
120709_38.jpg気比大神の御用漁師とされる敦賀湾の漁業家が、和船に分乗して神宮丸の曵行を奉仕。供奉船も随い上下総て神事に加わることから「総参:そうのまいり」といわれます。曵行を一度奉仕すれば3年の豊漁に恵まれるといわれ、この日敦賀湾は禁漁日とされます。

国道8号線に面して立つ大鳥居は、高さ約11m、柱間約7.5mは国の重要文化財に指定され、木造の鳥居としては、奈良の春日大社・広島の厳島神社とともに日本三大鳥居のひとつになっています。
 
120709_39.jpg海には航海安全と水産漁業の隆昌、陸には産業発展と衣食住の平穏に霊験著しく、篤く信仰されています。気比は「キビ」とも読まれ、御食国の豊穣と大漁祈願が御神徳にあることから、穀類の黍(きび)から出た言葉が所以のようです。
 
敦賀湾に面して立ち並ぶ気比神宮の神苑「気比の松原」は、日本三大松原のひとつです。
 
気比神宮
◇福井県敦賀市曙町11-68
◇JR北陸本線「敦賀駅」徒歩15分
◇北陸自動車道「敦賀IC」車10分
◇公式HP
http://kehijingu.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
総参祭は海上中心の祭礼です。
北陸道総鎮守の気比神宮は、敦賀大空襲で大鳥居以外は消失しました。現在の本殿は、昭和の大造営で造営されたものです。
文化的な遺産を後世に残すことは、ソフト面はおろかハード面のメンテナンスも必要です。
皆様一度気比神宮の大鳥居をご覧になってください。
季節の変わり目です。読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆写敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月22日「敦賀、気比神宮 総参祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/282

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31