二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月16日、日本三大船祭り「仙台、塩竈みなと祭」です。

■7月16日「仙台、塩竈みなと祭」です。■
120627_31.jpg塩竈みなと祭:しおがまみなとまつり」は、厳島神社の「管絃祭」、貴船神社の「貴船まつり」とあわせて「日本三大船祭り」とされています。
 
毎年7月第3月曜日(海の日)に行なわれている祭りは、港町として栄える塩竈の経済発展と、戦後の疲弊した市民の元気回復を祈願して昭和23年(1948)から始まりました。
 
東北鎮護・陸奥国一宮「塩竈神社」は、全国にある塩竈神社(又は塩釜神社と表記)の総本社で、主祭神に「塩土老翁神:しおつちおじのかみ」を祀り、「武甕槌命:たけみかづちのかみ」「経津主神:ふつぬしのかみ」を祀ります。明治時代に、式内社の「志波彦神社:しわひこじんじゃ」が境内に遷座。
 
塩土老翁神」は、塩竈明神(しおがまみょうじん)とも。海や塩の神で、釣り針を失くして悲嘆に暮れる山幸彦を導いたり、神武東征の折りには「東に良い土地がある」と言ったことから、神武天皇は東征を決意したと伝わります。航海安全・交通安全の神徳を持つとされています。
 
120627_32.jpg平安時代初期、嵯峨天皇の御代には厚い祭祀料を授かっていたことが知られます。奈良時代国府と鎮守府を兼ねた「多賀城」の精神的支えとなって信仰されました。武家社会では平泉の藤原氏、鎌倉幕府の留守職・伊沢氏、特に伊達氏の崇敬厚く、歴代藩主は大神主として務めました。現在の社殿は、伊達家四代・綱村公~五代・吉村公に渡り9年の歳月をかけて、宝永元年(1704)に竣工されたものです。
 
鹽竈神社境内の「シオガマザクラ」という重要な桜の一種は、毎年メディアに取り上げられるほど有名。
 
120627_33.jpgメインイベントは「神輿海上渡御:みこしかいじょうとぎょ」で、鹽竈神社と志波彦神社より神輿を繰り出し、市内を練り歩いた後に、塩竈港に待つ「龍鳳丸」「鳳凰丸」の二隻の御座船に乗り入れて海上を巡幸します。
 
海上では百隻を超える漁船が大漁旗を掲げて御座船を追随。太鼓や笛などを鳴らしながら囃します。市内では「よしこの鹽竈」「塩竈甚句」などのパレードや、花火大会も行なわれます。
 
塩竈明神◇宮城県塩竈市一森山1番1号
◇JR仙石線「本塩釜駅」徒歩15分。
◇JR東北本線「塩釜駅」タクシー10分。
◇三陸自動車道「利府中IC・仙台港北IC」車5分
◇HP:
http://www.shiogamajinja.jp/

問い合わせ
◇塩竈みなと祭協賛会 022-364-1165
◇参考HP:
http://www.miyagi-kankou.or.jp/wom/o-4095


◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
塩釜市は東日本大震災のひどい被災地です。被災した平成23年も小規模ながらみなと祭りを開催しました。被災した塩釜港は既に復旧していて、今年は沢山の僚船が海上をパレードする壮観な「みなと祭」を見られるまでに復興しました。
東日本では空梅雨の今年ですが、どうやら夏は猛暑のようです。
お出かけの際には、熱射病対策に帽子と水分を忘れずにお持ちください。

皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月16日、日本三大船祭り「仙台、塩竈みなと祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/274

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31