二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月15日「山形、出羽三山 花祭」です。

■7月15日「山形、出羽三山 花祭」です。■
110714_2.jpg出羽三山」とは、出羽国(でわのくに)羽黒山・月山・湯殿山の3つの山の総称です。

今から4千年前、都から第32代崇峻天皇の皇子「蜂子皇子」は、霊鳥に導かれて出羽山に登られました。難行苦行の末、推古天皇元年(593)「伊氏波神」を山上に鎮座。「出羽三山神社」が建てられました。

出羽三山神社:でわさんやまじんじゃ」は、月山頂上に「月山神社」、羽黒山頂に「出羽神社:いでわじんじゃ」、湯殿山の中腹に「湯殿山神社」が鎮座され、これを合わせて出羽三山神社と呼んでいます。

出羽三山神社の御祭神は、月読命・伊氏波神・稲倉魂命・大己貴命・少彦名命・大山祇命。摂社:五十猛神社・大年神社・厳島神社・蜂子神社・天有社。他、広大な境内には百一末社と呼ばれる神々の社に八百万の神々が祀られています。

120627_29.jpg皇子の修行の道は、後に「羽黒派古修験道」として発展し、出羽三山信仰の根本になっています。太古より今なお神々の息吹に深く包まれる三山は、山岳信仰・修験の霊場として名高く、人々の篤い信仰を集めています。

花祭り」は、毎年7月15日に行われる出羽三山神社の例大祭で、五穀豊穣・家内安全を祈願する祭り。

三山(月山神社・出羽神社・湯殿山神社)の神輿が、鏡池の周りを練り歩き、稲の花を模った造花をつけた梵天が神輿行列に加わります。神前に供えられた花は、魔除け・豊作のお守りと言われ、霊験あらたかとされる献灯の花を参拝者が奪い合い、祭りは最高潮に達します。

出羽三山神社
◇山形県東田川郡羽黒町大字手向字手向7
◇JR羽越本線「鶴岡駅」バス
◇公式HP
http://www.dewasanzan.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
電気やガスなどが無かった頃には、ろうそくと囲炉裏でした。自然と共に生きるエコ生活だったのでしょう。今年の夏も節電が、福島原発事故以来の夏の習慣になっています。
7月15日は新暦のお盆の中日です。この時期、古神道、陰陽道を基本にした修験の祭礼が各地で催されます。
今年は猛暑との予報です。節電で更に暑い夏になりそうです。お出かけになる方は、水分補給と熱射病予防に帽子を忘れずにお持ち下さい。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月15日「山形、出羽三山 花祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/269

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31