二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月14日那智火祭り「熊野、那智大社 扇祭」です。

■7月14日「熊野、那智大社 扇祭」です。■
130709_20.jpg那智の火祭:なちのひまつり」は、正式には「扇会式:おうぎえしき」といいます。「扇祭:おうぎまつり」とも。毎年7月14日に行われる「熊野那智大社」の例大祭のことで、豪壮な松明の燃え盛る御火の神事から「火祭り」と名付けられました。

この祭は、御遷宮御鎮座を偲ぶ神事、神霊を振い起す神事、万物の生成発展を祈る神事です。

別宮「飛瀧神社:ひろうじんじゃ」の参道で行われる御火神事で使われる大松明の重さは約50㎏、桧の割板を桶のように輪締めにしたもので、12体奉製されます。

130709_21.jpg

祭の主体「扇神輿」は、幅1m、長さ6m程の細長い框(かまち)に、赤緞子(どんす)を張り、金地に朱の日の丸を描いた扇を組み合わせ、9ヶ所に計32本、白銅鏡八面、それに「光」「蝶の鬚」「緑松」「桧扇の花」などを飾り付けます。それは「那智の大瀧」を表しています。

神武天皇が熊野灘から那智の海岸「にしきうら」に上陸されたとき、那智の山に光が輝くのを見て、この大瀧をさぐり当てたとか。これを神として祀り、その御守護のもと、八咫烏の導きによって無事大和へ入ったと伝わります。

命の根源である水が豊富にあふれ落ちる「那智大瀧」を、熊野に住む人々も神武天皇御東征以前からすでに神として奉祀されていたとも伝わります。つまり、滝自体が御神体です。古代よりこの大瀧を「神」としてあがめ、そこに国づくりの神である「大巳貴命」(大國主命)を祀り、また、親神である「夫須美神」(伊弉冉尊)が祀られます。

120627_28.jpg全国から沢山の人々が熊野を目指すさまは「蟻の熊野詣」と言われるほど。皇室の尊崇厚く、延喜7年(907)宇多上皇の御幸をはじめ、後白河法皇は34回、後鳥羽上皇は29回もご参詣の旅を重ねられたほどです。また花山法皇は千日(三年間)の瀧籠りをなされたという記録が残っています。


熊野」という地名は「隈の処」という語源から。ここは奥深い処「神秘の漂う処」という。「クマ」は「カミ」と同じ語で「神の野」に通じる地名ということにもなります。その「神の里」に詣で、漂う霊気にひたり、神々の恵みを得ようと、古代から多くの人々が熊野、那智山へ参詣されています。

熊野那智大社
◇和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
◇JR紀勢本線「紀勢勝浦」バス30分
熊野那智大社
http://www.kumanonachitaisha.or.jp/

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月14日那智火祭り「熊野、那智大社 扇祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/258

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31