二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月5日「栄西禅師忌」献茶式茶会です。

■7月5日「栄西禅師忌」です。■

kt15_26.jpg明菴栄西:みんなんえいさい」は、日本の臨済宗の開祖。建仁寺の開山。天台密教葉上流の開祖でもあります。また、中国から「茶種」を持ち帰って、日本において栽培を奨励し、喫茶の習慣を普及した事はあまりにも有名。諡は「千光国師」、「葉上(ようじょう)房」とも。

永治元年(1141)吉備津宮(現在の岡山県岡山市、吉備津神社)の権禰宜賀陽貞遠の子として誕生。8歳で「倶舎論」「婆沙論」を読んだと伝わります。
 
「倶舎論」とは、インドの仏教論書「阿毘達磨倶舎論:あびだつまくしゃろん」、「婆沙論」=仏教の注釈書の1つ「阿毘達磨大毘婆沙論:あびだつまだいびばしゃろん」のことです。

120613_24.jpg4歳で「比叡山延暦寺」にて出家得度。若き栄西は、仏教の源である宋へ渡り、大陸の仏教正法を学んで日本仏教の誤りを正したいと強い願いをもっていたようです。以後、延暦寺、吉備安養寺、伯耆大山寺などで「天台宗」の教学と「密教」を学びます。行法に優れ、自分の坊号を冠した葉上流を興します。


曹洞宗の開祖「道元」は、栄西とは孫弟子の関係。道元は栄西を非常に尊敬していました。日本最古の禅寺「聖福寺」は、建文6年(1195)栄西が宋より帰国した際に創建されました。

◇喫茶養生記◇
栄西」は日本に茶の生産を広め薬効を記した「喫茶養生記」承元5年(1211)に著します。この書物は茶の薬効から栽培適地、製法が記されています。

お茶の効能について記した最古の記述は、鎌倉時代の記録書として有名な「吾妻鏡」。建保2年2月の条に、将軍実朝が宿酔(二日酔い)の際、栄西禅師から茶とともにこの書を献ぜられ、試したところたちまち治癒されたと伝えられています。このことによって、上流階級の間で茶がもてはやされました。

120625_21.jpg栄西は、建保3年(1215)7月、寿福寺にて享年75歳で病没しました。来たる平成26年(2014)は栄西禅師八百年大遠諱の年に当たります。建仁寺では禅の礎を築いた栄西禅師への感謝と、絶えることのない禅の未来を願い「開山栄西禅師八百年大遠諱法要」を厳修するとあります。

建仁寺開山忌
◇ 京阪「祇園四条駅」徒歩 7分
◇ 阪急「河原町駅」徒歩10分
◇建仁寺HPhttp://www.kenninji.jp/

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
110702_1.jpg臨済宗の開祖、京都の建仁寺を開山した栄西は中国の宋からお茶の効能と製法を持ち帰ります。仏教正法を唱える栄西はひどい中傷と迫害を受けたとあります。現代の日本でも、このような迫害は相変わらず続いています。
読者の皆様、栄西のようにくじけない心を持ちましょう。日々の喧噪の中でも、こころ穏やかな臨済宗の開祖栄西がその実、激高する激しい方だったとはつゆも感じません。
心の中に熱い信念を持ちましょう。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月5日「栄西禅師忌」献茶式茶会です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/243

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31