二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月27日「神奈川、大山阿夫利神社 秋季大祭」です。

■8月27日「神奈川、大山阿夫利神社 秋季大祭」です。■
120813_27.jpg大山阿夫利神社:おおやまあふりじんじゃ」の創立は、今から2200余年以前の人皇第10代崇神天皇の御代と伝わります。

大山」は、別名「雨降山:あふりやま」とも。式内社で、旧社格は県社(現、神社本庁の別表神社)。「阿武利」とも表記し「あぶり」とも読みます。

天平勝宝4年(752)「良辯(りょうべん)大僧正」が入山し、神宮寺として「雨降山大山寺」が建立され、本尊に「不動明王」が祀られました。中世以降は、大山寺を拠点とする修験道(大山修験)が盛んとなり、源頼朝を始め北条氏、徳川氏などの武家の崇敬篤く、江戸時代には、参詣する講(大山講)が関東各地に組織され、多くの庶民が参詣しました。

110823_16.jpg明治の神仏分離の際には、大山寺の勢力が強かった為、激しい廃仏毀釈が行なわれました。石尊大権現・大山寺の称を廃し、旧来の「阿夫利神社」に改称。明治6年に県社に列格。

大山の山嶺に三社を構える大山阿夫利神社は、本社に「大山祗大神:おおやまつみのかみ」を祀り、摂社奥社に「大雷神:おおいかつちのかみ」を、前社に「高オカミノ神:たかおかみのかみ」を祀ります。

120813_25.jpg大山は、古来よりたびたび神意が現れ「天狗の来住する神山」であるともいわれています。摂社の両社は、「大天狗」「小天狗」といわれていました。底津磐根(そこいわね=地の底)に鎮座し、高天原(たまがはら=天上の神々の国)に千木高知り座して「天下の神蹟」と言われているのが「大山石尊大権現:おおやませきそんだいごんげん」と称せられた、本社の御霊体(祭神)です。

御神徳は、生活の資源は勿論のこと、海運・漁獲・農産・商工業などに霊験あらたか。またの名を「酒解神:さけわけのかみ」といい、酒造の祖神としても崇敬されます。また、大山は古来より雨乞いの聖地とされ、深く信仰されてきました。

大山阿夫利神社
◇神奈川県伊勢原市大山355
◇小田急線「伊勢原駅」大山ケーブル駅行バス30分
◇東名「厚木IC」「中井IC」約30分
◇小田急厚木道路「伊勢原IC」約20分
◇公式Web
http://www.afuri.or.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
毎年8月の第1土曜日を中心に行なわれる「秋季例大祭」では、大山中腹阿夫利神社の大神輿が大山の急坂を人々に担がれて登り、降りするのが見ものです。
一度お出かけ下さい。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月27日「神奈川、大山阿夫利神社 秋季大祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/351

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28