二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月14、15日「奈良、春日大社 中元萬燈籠」です。

■8月14、15日「奈良、春日大社 万灯籠」です。■
110809_16.jpg全国にある春日神社の総本社「春日大社:かすがたいしゃ」は、神護景雲2年(768)平城京の守護と国民の繁栄を祈る為に創建されました。
 
奈良の伝統行事のひとつ「中元万燈籠:ちゅうげんまんとうろう」は、約800年の歴史がある行事です。境内約3000基の燈籠は、広く一般国民から奉納されたもの。明治以降に油料が途絶え、点燈は2月の節分と、8月14・15両日の年2回になりました。
 
120801_40.jpgこの日、所願成就を祈って全燈籠に火が入れられます。本殿周辺の回廊にも燈籠が釣られ、火の灯りが朱色の回廊を照らし、幽玄な雰囲気を醸し出しています。
 
14日は舞楽、15日は神楽が神前で奉納されます。
 
春日大社
◇奈良県奈良市春日野町160
◇JR・近鉄「奈良駅」バス「春日大社本殿」10分
◇春日大社公式Web
http://www.kasugataisha.or.jp/

◇◇◇◇萬燈籠解説◇◇◇◇
万灯籠祭は、古くは室町時代や江戸時代に、奈良町の住人が春日参道で、雨乞い祈祷として「万燈籠」を行っていました。
記録には、興福寺大乗院の尋尊僧正の日記で、今から500年余り前の文明7年7月28日、「祈雨のため、南都の郷民、春日社頭から興福寺南円堂まで、燈籠を懸く」とあり、当時は木の柱に横木をつけ、それに行燈か提灯の様な手作りの仮設の燈籠を懸け行っていたと考えられます。
故に浄火を献じて神様に様々な祈願をすることが万燈籠です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月14、15日「奈良、春日大社 中元萬燈籠」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/334

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31