二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月12~15日「徳島、阿波踊り」です。

■8月12~15日「徳島、阿波踊り」です。■
110809_15.jpg阿波踊り:あわおどり」は、400年の伝統を持つ徳島県内各地の市町村で開催される盆踊りです。最も賑わいを見せるのが徳島市の阿波踊りで「四国三大祭り」「日本三大盆踊り」のひとつに数えられます。

▼四国三大祭
・阿波踊り(徳島)・よさこい祭り(高知)・新居浜太鼓祭り(愛媛、新居浜)
▼日本三大盆踊り
・阿波踊り(徳島)・郡上八幡盆踊り(岐阜)・西馬音内盆踊り(秋田)
 

大正年間、徳島藩主:蜂須賀家政が阿波25万7千石の大守として入国し徳島城を築いた際、祝いの酒に酔った城下の人々が、夜の更けるのも忘れて踊り歩いたのが、阿波踊りの起源といわれています。その独特の流し踊りは、疫病神送りにも通じるものがあります。
 
120801_36.jpg阿波踊りのルーツは、京都で流行っていた風流踊り・精霊踊り・念仏踊りを原形として、歌舞伎での舞に藍商人が覚えてきたお座敷芸、三味線流などの芸能が混在して出来上がったといわれています。
 
阿波踊りは「」というグループごとに踊ります。連では男女によって踊り方が異なり、女性は浴衣に網笠を深く被り下駄を履いて優雅に踊ります。男性は半天(法被)を着て踊る半天踊り・浴衣を尻からげに着て踊る浴衣踊りなど、腰を落として豪快に踊ります。男性が女踊りを踊ることはタブーとされています。
 
三味線・笛・太鼓・鉦・横笛などの2拍子の賑やかなリズムに乗って、連が町中を練り歩きます。
 
120801_37.jpg調べてみると奥の深い阿波踊りです。
♪偉い奴ちゃ偉い奴ちゃよいよいよいよい踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん♪...と唄われる「よしこの節」が有名ですが、「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多用されています。
 
徳島市の人口は26万人ですが、この4日間で100万人の人出があるほど。リオのカーニバルと並び称されるほど、世界的な踊りの祭典になっています。
 
開催場所
◇徳島県徳島市
◇JR「徳島駅」~市役所前 他
◇HP
http://www.awaodori.net/


◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

阿波踊りをはじめとして、盆踊りや火祭り、七夕などお盆行事から変化した祭礼が多い時期す。7月後半からの火祭りで「迎え火」をして、魂を慰める盆踊りや豪華な山車が有名な祭礼もあります。「送り火」のから発展した「京都大文字焼き」をはじめ、各地で山焼きなどこれから斎行されます。夏祭りと盂蘭盆行事は、ともに先祖の供養する祭礼です。
阿波踊りにお出かけの方、今年は気温が高、く熱中症の被害が報道されています。阿波踊り観光にお出かけの際帽子、水分補給を忘れずにご準備ください。西日本ではゲリラ豪雨頻発しています。雨具のご用意を忘れずに。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月12~15日「徳島、阿波踊り」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/331

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31