二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月4日「京都、北野天満宮 例祭(北野祭)」です。

■8月4日「京都、北野天満宮 例祭(北野祭)」です。■
110803_14.jpg菅原道真を祀る「北野天満宮」は、国を鎮め守る神として「天神さん」「北野さん」と呼ばれ親しまれています。
 
旧社格は官幣中社。特に学問の神として知られ、多くの受験生らの信仰を集め、福岡県の太宰府天満宮とともに「天神信仰」の中心となっています。全国各地に勧請が行われています。
 
平安時代中期、多治比文子らによって北野の右近馬場菅原道真公の御霊をお祀りしたのが始まり。菅公は「和魂漢才」の精神を以って学問に勤しみ、幼少の頃より文才を表し、朝廷の官吏として活躍しました。
 
120725_37.jpg※和魂漢才:わこんかんさい※
日本固有の精神と中国渡来の学問。日本固有の精神を失わないで、中国の学問を消化・活用するべきであるの意。
 
永延元年(987)一条天皇の令により初めて勅祭が執り行われ「北野天満宮天神」の神号を得ました。8月4日は、一条天皇が初めて勅祭を斎行された日に当り「例大祭」が行なわれます。農耕の神として神徳あらたかとして、氏子の西ノ京の農家が丹精込めて作った夏野菜を奉納し感謝の祈りを捧げます。
 
120801_30.jpg北野天満宮
◇京都府京都市上京区馬喰町
◇JR「京都駅」バス「北野天満宮前」すぐ
◇名神高速道路「南IC」又は「東IC」より約30分
◇公式サイト
http://kitanotenmangu.or.jp/


◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
公式サイトの8月例祭の解説には、「永延元年(987)に一条天皇が初めて勅祭を斎行された日に当り、当宮で最も大切な祭典。かつては勅使が参向した。又、当宮は農耕の神として神徳あらたかなので氏子の西ノ京の農家が丹精込めて作った夏野菜を奉納し感謝の祈りを捧げる。」とあります。
987年から千年以上の続いて、感謝の気持ちを今日まで伝えているお祭りです。
今回、例祭の意味を知るに当たり、日頃の食事に対する無精を恥ずかしく感じます。皆様、今日からでも感謝の気持ちを表しましょう。
京都にお出かけの際には、熱中症対策をしてお出かけください。
お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月4日「京都、北野天満宮 例祭(北野祭)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/311

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31