二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月3~6日東北三大祭り「秋田竿灯」です。

■8月3日「秋田竿灯」です。■
110730_11.jpg竿燈:かんとう」とは、豊作祈願とねぶり流し(不浄を祓い悪霊から身を守る)行事が結びついた禊(みそぎ)の行事で、秋田竿灯が現在の形になったのは江戸時代からです。
 
ねぶり流しは、五穀豊饒や技芸上達を願う七夕とともに、旧暦7月15日のお盆を迎えるための一連の行事で、「迎え火」とも言われています。厄除け、禊祓いから五穀豊穣などを願う現在の竿燈の形が除々に出来上がっていきました。
 
竿燈は、六間程の長い竹竿に九本の横竹を結び、これに46個または48個の提灯を数段に分けて吊り下げたものです。
 
竿燈全体を稲穂に、提灯を米俵に見立て額や腰や肩などにのせ、豊作を祈願します。竿燈の重さは約60㎏にもなるそうです。
 
120725_33.jpg半纏・股引姿の差し手若衆が持ち、笛太鼓のお囃子と「どっこいしょ」の掛け声に合わせて、額から肩、肩から腰へとバランスを取りながら擦り移し、妙技を競い合います。竿燈は200本以上、夜になるとまるで地上に降りてきた天の川のように幻想的。
 
竿燈祭は、毎年8月3~6日に行なわれます。青森「ねぶた」、山形「花笠」、仙台「七夕」と並んで、東北夏の四大祭りの一つに数えられ、重要無形民族文化財に指定されています。
 
開催場所
◇秋田県秋田市内
◇秋田県道26号「竿燈大通り」の「二丁目橋」交差点~「山王十字路」の区間。
◇JR奥羽本線(秋田新幹線)「秋田駅」徒歩10分
 
※お問い合わせ※
秋田市竿燈まつり実行委員会事務局 TEL 018-866-2112
竿灯公式Web:http://www.kantou.gr.jp/index.htm

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月3~6日東北三大祭り「秋田竿灯」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31