二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

9月26日「和歌山、日前・国懸神宮祭」です。

■9月26日「和歌山、日前・国懸祭」です。■
120914_26.jpg紀伊国一之宮「日前宮:にちぜんぐう」は、「日前神宮:ひのくま」と「国縣神宮:くにかかす」の両神宮の総称で、同一境内に座す二社の大社のことです。出雲大社と並び、日本最古の神社とされる和歌山県と三重県南部を含む広大な聖域です。
 
神武天皇二年、名草郡毛見郷濱の宮に鎮座の後、垂仁天皇十六年に現在の和歌山市秋月の地に遷りました。日前神宮は「日像鏡:ひがたのかがみ」を御神体として「日前大神:ひのくまのおおかみ」を奉祀し、國懸神宮は「日矛鏡:ひぼこのかがみ」を御神体として「國懸大神:くにかかすのおおかみ」を奉祀しています。
 
御祭神は両宮ともに太陽神天照大神」で、その御名が日前大神、國懸大神として祀られ、太陽の恩恵を生きとし生けるすべてのものに与え、人々の縁を結び、生活の基本を守るというご神徳があり、広く篤く信仰されています。
 
120914_27.jpg神代、天照大神が天の岩窟に姿を隠した際に「思兼命:おもいかねのみこと」の議に従い、種々の供物を供え、天照大神の御心を慰めようと、「石凝姥命:いしこりどめのみこと」を治工とし、天香山(あめのかぐやま)から採取した銅を用いて、天照大神の御鏡(みかがみ)を鋳造しました。
 
初めに鋳造された天照大御神の御鏡「前霊:さきみたま」を「日前國懸両神宮の御神体」として、後に鋳造された御鏡を「伊勢の神宮の御神体」として奉祀されたと日本書紀に記されています。
 
このことから「天照大神」(太陽神=日神)の前霊を祀るという意味で「日前」の名がつきました。
 
130909_24.jpg両神宮の祭神が「三種の神器」に次ぐ「宝鏡」とされたため、伊勢神宮に次いで朝廷からの崇敬も篤く、延喜の制には両社とも明神大社に列し、祈年・月次・相嘗・新嘗の祭祀には天皇から幣帛(御供)を賜るほどでした。
 
毎年9月の例大祭では、両宮の大神ゆかりの日をお祝いし、日々のご神徳に感謝し、人々の平和・国家安泰・五穀豊穣を祈念します。
 
日前宮・国懸宮
◇和歌山県和歌山市秋月365
◇JR「和歌山駅」~貴志川線「日前宮駅」徒歩1分
◇阪和道「和歌山IC」国道24号~市街方面へ5分
◇公式HP
http://www10.ocn.ne.jp/~hinokuma/

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

7月から竜巻や集中豪雨が西日本頻発しました。今年は台風の当たり年で東北、北海道にも大きな被害が出ました。二百十日~二百二十日、八朔など暦の上で台風の多いとされる時期に、上陸した台風が続いて暦通りの年でした。

伊勢神宮と並ぶ歴史を持つ日前神宮、国縣神宮です。鎮座は和歌山市内ですから、是非参拝にお出かけください。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 9月26日「和歌山、日前・国懸神宮祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/403

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28