二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月19日「京都、建勲神社 舟岡祭」です。

■10月19日「京都、建勲神社 舟岡祭」■
121013_28.jpg舟岡山「建勲神社:たけいさおじんじゃ」の御祭神は、贈太政大臣正一位「織田信長公」、配祀に従三位左近衛中将「織田信忠卿」。「けんくんじんじゃ」とも呼ばれます。
戦国時代、桶狭間の合戦ののち天下統一した織田信長公の偉勲を称え、明治2年(1869)明治天皇の勅命により創建。明治8年(1875)別格官幣社に列せられ、社地を舟岡山東麓に定め、次いで現在の山頂に遷座しました。

京都に平安京を築くとき、中国の陰陽五行、風水思想に基づいて、龍が天空より舞い降りる地、溢れ出る玄武の小山として「船岡山」を基準点に定め、真南の方角に「大極殿」を建築しました。

121013_29.jpg大極殿の正面中央から南へ伸びる方向に「朱雀大路」とされました。船岡山から南に眺める京都市全域が、ほぼ平安京の領域にあたります。境内には「船岡妙見社」という玄武神をまつる社があり、船岡山はまた「玄武」(四神の一つ・北を守護)の意味もあったと考えられています。

東山三十六峰や京都市街を眺める眺望は素晴らしく、神苑は春の桜、夏のつつじ、秋のもみじと四季それぞれに大変美しい。「京都の自然100選」第一号に選ばれています。聖徳太子や清少納言にもゆかりが深く応仁の乱では西軍が山城を築き、陣地となった事から周辺を「西陣」と呼ぶようになりました。船岡山は国の史跡に指定されています。

121017_20.jpg織田信長が初めて入洛した日を記念して、毎年10月19日に「船岡祭」が催されます。桶狭間の合戦出陣の際に信長公が舞われた仕舞「敦盛」や、舞楽奉納、弓取り神事などが行われます。信長公ゆかりの宝物などの特別公開も行われます。

建勲神社
◇京都府京都市北区大宮通北大路下る
◇京都市営バス「舟岡山公園」徒歩8分
◇建勲神社HP
http://www.matumoto-photo.com/kenkun.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月19日「京都、建勲神社 舟岡祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/450

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28