二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月22日京都三大奇祭「京都、鞍馬の火祭り」です。

■10月22日「京都、鞍馬の火祭り」です。■
111017_3.jpg10月22日の昼間は「時代祭」で賑わう京都。夜には、京都三大奇祭の一つ「鞍馬の火祭り」が行われます。日本屈指の火祭りとして有名です。「由岐神社:ゆきじんじゃ」の祭礼で「神楽松明」とも呼ばれます。

由岐大明神:ゆきだいみょうじん」は、はじめ御所に祀られていましたが、天慶元年に都の大地震、天慶2年には平将門の乱(天慶の乱)と相次ぐ世情不安に、当時の朱雀天皇の詔により、天慶3年(940)9月9日御所の北方にあたる鞍馬の地に、天下泰平と万民幸福を祈念し御遷宮されました。

御遷宮の際、京の鴨川に生えていた葦で松明を造り、道々には篝火を焚き、神道具を先頭に行列の長さ10町(1km)という国家的一大儀式により御勧請。この儀式と由岐大明神の霊験を後生に伝えるため、守られてきたのが火祭の起源です。

121015_29.jpg

豊臣秀吉の信仰篤く、慶長12年には豊臣秀頼により本殿と拝殿を再建。この拝殿は、中央に通路をとった割拝殿という珍しい拝殿で、桃山時代の代表的建造物でもあります。国の重文に指定。

22日午後8時頃、菊・桐・蝶・葵・鳳・百足・寺の鉾や鎧を着た武者が出揃い、山門前には大小の松明を担いだ若者が集合して一大壮観を呈します。やがて、合図の太鼓と共に青葉の精進竹に張った注連切りの儀が行われます。大松明は石段に殺到し、やがて1箇所に集めて焼き捨てられます。

その後、御輿の前で神幸の儀が行われ、八所大明神・由岐大明神の順で御輿が参道を下ります。山門を下ったところから御輿は車に乗せられ、鞍馬町を巡幸されて御旅所に安置されます。神楽が奉納され、4本の大きな神楽松明が境内を廻ります。諸式の終了は午前0時頃。翌23日午前、還幸祭が執り行われ、鞍馬の火祭は終了します。

由岐神社
◇京都府京都市左京区鞍馬本町1073
◇叡山電鉄「鞍馬駅」徒歩5分
◇HP:http://www.yukijinjya.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
毎年、「季節のお便り」を書いていて、鞍馬の火祭、平安神宮の時代祭の頃なると、めっきり秋の深まりを感じ、北の方から雪の便りが聞こえてきます。
あっという間に夏が過ぎ、電車バスを乗ると、共同募金の赤い羽根をつけた方々を見かけます。いつの間にか歳末が近づています。
筆者敬白


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月22日京都三大奇祭「京都、鞍馬の火祭り」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/457

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28