二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月29日「福岡、香椎宮 秋季例祭」です。

■10月29日「福岡、香椎宮 秋季例祭」です。■
131015_23.jpg香椎宮:かしいぐう」は、仲哀天皇9年(200)神功皇后が自ら祠を建て、仲哀天皇の神霊を祀ったのが起源と伝わります。四柱の御神体である仲哀天皇神功皇后応神天皇住吉大神を御祭神として祀ります。

「香椎」の名は、敷地内に香ばしい香りの「棺懸(かんかけ)の椎」が立っていた事に由来。香椎廟。香椎神宮と呼ばれることも。

養老7年(723)神功皇后自身の神託により、朝廷が社殿の造営を始め、翌年の神亀元年に竣工されました。この2つの廟をもって「香椎廟」とします。延喜式神名帳の記載はありませんが、日本書紀の続編とされる「続日本紀」などには香椎廟・香椎宮・樫日廟などが書かれています。

111017_8.jpg

明治時代に官幣大社となり、終戦までは勅祭社に指定され、現在でも十年に一度「吉日」を選定し、宮内庁より勅使が遣わされています。皇室の崇敬篤く本朝四所の一つに数えられ、神功皇后自らが植えられたという御神木は「ちはやふる香椎の宮のあや杉は神のみそきにたてる成けり」(新古今和歌集)と詠まれた老木です。

香椎宮境内には「不老水」が湧くことでも有名です。

「秋季例祭」は、秋の神事で、雅楽や舞などが奉納されます。

香椎宮
◇福岡県福岡市東区香椎4-16-1
◇JR「香椎神宮駅」徒歩3分
◇「福岡IC」~10分
◇参考ブログ
http://www.ne.jp/asahi/hayakawa/5633/page024.html
◇不老水参考http://www.ajkj.jp/ajkj/fukuoka/fukuoka/kanko/kasiigu/kasiigu_furosui.html

121018_22.jpg

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
香椎宮には不老不死の「不老水」が湧く水源があります。由緒は武内宿禰(たけうちのすくね)が、この湧水を天皇陛下への料理に使い、普段の食事やお酒を作るのにこの水を使っていました。そのおかげか武内宿禰は300歳とも360歳ともいわれるほど長寿だったと伝わります。
湧水は本殿から300mほど住宅街を経て山の手に行ったところと案内があり、水源には祠が建てられています。
参詣の際には是非お持ち帰る下さい。取り決めで1人2リットルまでだそうです。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月29日「福岡、香椎宮 秋季例祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/465

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28