二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月19日「東京日本橋、べったら市」です。

■10月19日「東京日本橋、べったら市」です。■
121013_27.jpg東京日本橋の大伝馬町から小伝馬への通りで開かれる「べったら市」は江戸時代から続く伝統のある市で下町の風物詩となっています。
 
もともとは翌20日の「恵比須講」に使う神像や打出の小槌、懸鯛、切山椒などを売るための市でしたが、いつの頃からかここで売られる「べったら漬」が評判になって、この名が定着してしまいました。
 
べったら」とは、干し大根を麹で浅漬けしたもの。若者が混雑を利用して参詣の婦人に「べったらだー、べったらだー」と呼び掛けながら、着物の袖に「浅漬大根(べったら)」をくっつけ、婦人達をからかったことから「べったら」の呼名になったのだとか。現在では、大伝馬町界隈で様々な露店が300軒程連ねます。
 
111016_1.jpg宝田恵比寿神社は、日本橋七福神の恵比寿さまです。もと江戸城外・
宝田村の鎮守で、徳川家康公の江戸入府の際に、三河から随行してきた馬込勘解由に下賜された恵比寿神像を祀ったもの。

 
慶長11年(1606)江戸城の拡張工事に伴い、宝田、祝田、千代田の三ヶ村は移転を命じられました。そこで馬込勘解由は宝田神社の恵比寿神を奉じ、住民を率いて、現在の日本橋の地に移転しました。馬込勘解由は三伝馬取締役となり、伊勢、駿河、遠江、美濃、尾張等から商人を呼び集めたため、あらゆる物資の集散地として栄えました。
 
宝田恵比寿神社はその鎮守となって商売繁盛、家族繁栄、火防の守護神として広く信仰を集めています。
 
宝田恵比寿神社
◇東京都中央区日本橋3-10-11
◇地下鉄日比谷線「小伝馬町駅」
◇由来、参考ブログ
http://www.nihonbashi-edoya.co.jp/bettara2.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
べったら市は宝田恵比寿神社の大祭です。
宝田恵比寿神社は火の守護神と伝わります。江戸時代には火の不始末による火事は後を絶たず、大火事の原因でした。

時代は変わっても、これから暮れにかけて不審火は大火事になりかねません。暮れにかけて酉の市があります。皆様くれぐれも火の用心
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月19日「東京日本橋、べったら市」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/449

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28