二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月18日「東京、靖国神社 秋祭」です。

■10月18日「東京、靖国神社 秋祭」です。■
111012_23.jpg靖国神社:やすくにじんじゃ」は、日本が関係した戦争に於いて、朝廷や政府側で戦没した軍属らを含む軍人を、祭神として祀る神社です。靖国神社は神社本庁には属していない東京都知事認証の単立神社(単立宗教法人)です。

明治2年(1869)「東京招魂社:とうきょうしょうこんしゃ」として創建されましたが、明治10年の西南戦争をきっかけに「神社」として定まりました。
 
明治2年(1869)「東京招魂社」として創建されましたが、明治10年の西南戦争をきっかけに「神社」として定まりました。
 
明治初期には多くの内乱が起こりました。その原因は徴兵令と地租改正条例にあるといわれています。内乱の中で最も規模が大きく、内乱の最後となったのは、西郷隆盛率いる旧薩摩藩の士族達が起こした「西南の役」です。この内乱の原因になったのは「廃刀令」で国民皆兵を原則とした徴兵令によって、軍人・武士としての士族達の特権が奪われてしまったからです。西郷隆盛達が鹿児島から熊本城へ向かった軍勢はおよそ1万5千。対し迎え撃つ新政府軍は6万8千余名にも及びました。
 
121013_25.jpg東京招魂社は、明治12年6月4日「別格官弊社」に加えられ、「靖国神社」と改称しました。西南戦争を経て、国家的統一を確かなものにするために命を落とした新政府の兵隊たちの霊を合祀したとき、招魂社は「国を靖(安)んずる場」、靖国神社へと変わっていたのです。それからちょうど10年後の明治22年の2月11日、大日本帝国憲法が発布されました。
 
靖国神社は、「吾以靖国也」(吾以つて国を靖んずるなり)を典拠として明治天皇が命名したものです。
 
10月17~20日「秋季例大祭」が行われます。18日「当日祭」では、全国から集った遺族・戦友・崇敬者をはじめ、各界代表者が多数参列のもとに、南部宮司以下の神職が御本殿に進み、御饌、御酒、海の幸、山の幸等の神饌をお供えして楽を奏し祝詞を奏上。戦歿者246万6千余柱の「みたま」を慰め、平和を祈念します。また、勅使が天皇陛下よりの御幣物を供え、御祭文を奏して参拝します。
 
141015_24.jpg昇殿参拝
10月17日:午前8時~午後2時
10月18~20日:午前11時30分~午後3時

靖国神社
◇東京都千代田区九段北3-1-1
◇地下鉄「九段駅」徒歩5分
◇公式HP
http://www.yasukuni.or.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
靖国神社の秋例大祭を迎えると、東京でも秋が深まったように感じます。また、幕末から明治にかけて倒幕、新政府になった事は変えられない歴史です。例大祭を機に近代の歴史をひも解いてみましょう。
安倍政権の経済対策は項を為しています。それ以前に必要な経済対策を打たず放置したことが、長引く不況の原因になっています。10~20年先の近い将来も見えない社会では、安心して消費もできません。
命を賭して、今の日本を作り上げた戦没者のためにも、将来のために今、何を為すべきか一寸立ち止まり、考えてみる時です。
時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月18日「東京、靖国神社 秋祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/447

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28