二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月16~18日「愛媛、新居浜太鼓祭」です。

■10月16~18日「愛媛、新居浜太鼓祭」です。■
171012_5.jpg愛媛県新居浜市を代表する秋祭り「新居浜太鼓まつり」の起源は、江戸時代後期の文政年間(1818~1830)の頃と伝わります。毎年10月16~18日の3日間を中心に行なわれます。
 
山車(だし)は、もともと神社祭礼のときに神輿のお供をするもので「神輿太鼓」と書かれましたが、時代を経て山車が祭りの中心的存在となり、金糸銀糸に彩られた絢爛豪華な「太鼓台たいこだい」あるいは「太鼓たいこ」と呼ばれる山車になっていきました。
 
太鼓祭りの見どころ「かきくらべ」は、約3トンもの太鼓台を150人程で担ぎ上げ、その美しさや担ぎ上げている時間の長さなどを競うものです。太鼓台同士をぶつけ合う喧嘩(鉢合わせ)「日本三大喧嘩祭り」にも数えられています。喧嘩は突発的に発生するもの、盛り上げを目的としたもの、従前からの因縁対決など様々です。
 
121013_22.jpg過去には、太鼓台が破壊されて多数のけが人を出していますが、その後も鉢合わせ行為は毎年のように行われ、多くのけが人が出ています。今では「鉢合わせ」は禁止されていますが、勇壮な祭りの本質を楽しむと

いう点ではまったく無益とはいえません。
 
現在では、澄んだ秋空に舞う新居浜太鼓台の姿の豪華絢爛さ、勇壮華麗なことから「男祭り」の異名をもつ魅力ある祭りとして、全国的にも知られます。
 
111012_20.jpg新居浜太鼓祭りは「四国三大祭り」にも数えられ、毎年10数万人の観客で賑わいます。また、この祭りは各地の祭りやイベントにも参加し、国内外を問わず太鼓台の派遣を行っています。
 
※お問い合わせ※
愛媛県新居浜市運輸観光課:0897-65-1261
新居浜市観光協会:0897-65-1261
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月16~18日「愛媛、新居浜太鼓祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/444

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31