二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月14~15日「姫路、喧嘩祭」です。

■10月14~15日「姫路 喧嘩祭」です。■
171011_13.jpg松原八幡神社:まつばらはちまんじんじゃ」は、天平宝字7年癸卯4月11日(763)豊前国宇佐神宮より松原村へ奉迎され、天皇の御祈願所として創建されたと伝わります。
 
御祭神は、中殿に「品陀和気命:ほんだわけのみこと:応神天皇」、左殿に「息長足姫命:おきながたらしひめのみこと:神功皇后」、右殿に「比咩大神:ひめおおかみ:比咩三神」を祀ります。
 
秋季例祭「灘まつり」は、「灘のけんか祭り」「妻鹿のけんか祭り」とも呼ばれ、一の丸、二の丸、三の丸からなる三基の神輿をぶつけ合う「練り合わせ」といわれる特殊な神事と、旧7ヶ村の絢爛豪華な屋台が激しく練り競う屋台練りが行われる天下の奇祭ともいわれる祭りです。
 
全国に数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りで、戦前から播磨を代表する祭りとして知られます。
 
111011_18.jpg勇壮豪華な屋台練りは人気を呼
び、国内はもとより海外にまでその名を知られるようになりました。「松原八幡神社秋季例祭風流」として、姫路市と兵庫県の重要無形民俗文化財に指定されています。

 
例祭は毎年10月14~15日に行われます。宵宮(夜宮)と本宮(昼宮)に分かれ、前夜祭に当たる14日の宵宮で幕を開け、各村の氏子たちがそれぞれの村の屋台を担ぎ上げて松原八幡神社に赴きます。祭り本番の翌15日は、祭礼の主要行事である御旅神社への神事渡行を氏子たちが執行し、日暮れ時に神輿は松原八幡神社へ還御、屋台はそれぞれの村に帰着して祭行事の幕を閉じます。
 
松原八幡神社
◇兵庫県姫路市白浜町甲399番地
◇山陽電鉄本線「白浜の宮駅」下車
◇参考http://www.nadamatsuri.jp/hachiman/index.html
◇灘のけんかまつりhttp://www.nadamatsuri.jp/index.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
天下の奇祭、日本最大規模のけんか祭りです。神輿のぶつかり合い、屋台の練り競いなどけんか祭りそのものです。最近は安全にばかり気配りして、年寄り神輿の祭りばかりになったと祭り好きのコメントです。
めっきり秋めいてきたこの頃です。天下の奇祭にお出かけ下さい。

時節柄、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月14~15日「姫路、喧嘩祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/442

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31