二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月13日「日蓮聖人忌」です。

10月13日「日蓮聖人忌」です。■
111011_16.jpg日蓮:にちれん」聖人は鎌倉時代の仏教の僧で、法華経の宗祖。貞応元年(1222)2月16日、安房国長狭郡(安房郡天津小湊町)に生まれ、幼名「善日麿」と伝わります。
 
天福元年(1233)清澄寺の道善房を師とし入門。暦仁元年(1238)に出家し、是生房蓮長の名を与えられ、仁治元年(1240)比叡山へ遊学。高野山へも勉学に努め、仏経典を研鑽した結果「法華経」こそ釈迦の本懐であるという結論に至りました。
 
建長5年(1253)清澄寺に帰り、4月28日朝、昇る太陽に向かい「南無妙法蓮華経」の題目を唱えて立宗宣言。持仏堂にて仏教教義を広めました。
 
建長6年(1254)鎌倉に出て弘教(ぐきょう=弘めること)を開始。この頃日蓮と名のります。
 
文応元年(1260)立証安国論を執筆。これには法華経を信じなければ自界叛逆難(じかいほんぎゃく:国内の争い)、他国侵逼難(たこくしんぴつ:他国が攻め入り、侵略しようと襲ってくる)などの災いが起こると説き、これを時の幕府最高実力者・北条時頼に送ります。他の信仰を批判してた日蓮は、他宗の僧らにより襲撃され、幕府により濡れ衣を着させられ流罪にされたりしました。
 
121008_28.jpg文永5年(1268)蒙古から国書が届き、他国からの侵略の危機が現実となります。文永8年、幕府や諸宗を批判したと捕らえられ、龍の口刑場にて処刑中に刀が折れるという怪異が起こり、処刑は中止されました。その後、佐渡へ流刑にされます。
 
佐渡へ流罪中に「開目抄」「観心本尊抄」などを著述し、末法における「法華曼荼羅」を完成させました。
 
文永11年(1274)春、御赦免となった日蓮は幕府に三度目の諌暁(かんぎょう=いさめ、さとすこと)を試みましたが、幕府は一向に聞き入れませんでした。その後、日興聖人の弟子で身延の波木井実長の領地に入山して、身延山久遠寺を建立しました。この年に蒙古が襲来。
 
弘安2年(1279)10月「本門戒壇の大御本尊」図を顕しました。
 
弘安5年(1282)10月、弟子の中から後継者を定めました。後継者6人は六老僧と呼ばれます。この年、病気療養のため常陸へ湯治に向かう途中、武蔵国池上の郷主・池上宗仲邸にて亡くなりました。

没後、「日蓮大菩薩」(後光厳天皇・1358)「立正大師」(大正天皇・1922)から諡号が贈られます。
 
この日、全国各地でお会式(おえしき=御会式)と呼ばれる法要が営まれます。
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月13日「日蓮聖人忌」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/437

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31