二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月13日「和歌山、竈山神社祭」です。

■10月13日「和歌山、竈山神社祭」です。■
111011_15.jpg竈山神社:かまやまじんじゃ」は、神武天皇の長兄である「彦五瀬命:ひこいつせのみこと」を祀る神社です。「五瀬」は「厳稲」の意とし、穀物や食料の神の意と古事記伝では解しています。
 
式内社で、旧社格は官幣大社。釜山神社と表記されることも。本殿裏に彦五瀬命の墓があります。神仏霊場巡拝の道第8番(和歌山第8番)。
 
神武天皇ら弟たちとともに東征に向かった彦五瀬命は、難波の白肩津で登美能那賀須泥毘古に敗れ負傷。「吾は日の神の御子として、日に向ひて戦ふこと良からず云々」として南下しましたが、紀国の男之水門に着いたところ、その傷が元で亡くなってしまいます。
 
古事記には、紀伊国竈山に墓が作られたとあります。「紀伊続風土記」によれば、ここが竈山の地であり、墓が作られてすぐに、神社が作られたとあります。
 
121008_27.jpg天正13年(1585)羽柴秀吉の紀州根来衆攻めにより社宝・古文書等を焼失。社領も奪われて荒廃。慶長5年(1600)紀伊国に入国した浅野幸長が小祠を再建。寛文9年(1669)徳川頼宣が社殿を再建。
 
明治に入り、宮内省管轄の「彦五瀬命墓」と、竈山神社は正式に区分されました。明治14年(1881)村社に列格しましたが、神武天皇の兄を祀るという由緒をもって社殿が整備され、明治18年(1885)官幣中社に、大正4年(1915)には官幣大社に異例の昇格を果たし、現在は神社本庁の別表神社となっています。
 
竈山神社
◇和歌山県和歌山市和田438
◇和歌山電鐵貴志川線「竈山駅」徒歩10分
◇参考ブログhttp://www.genbu.net/data/kii/kamayama_title.htm

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
彦五瀬命は神武天皇の長兄で、墓所がこの地にあります。歴史研究が進んで重要な土地と判明しました。
皆さんの土地も何らかの由緒があるかもしれません。風土史を調べてみるのも、お住まいの土地に馴染むことなのでしょう。

そんな折、10月初旬の新聞には「九州邪馬台国説の論争復活」とありました。近畿邪馬台国で落ち着いている現在、これからの論争がどこに落ち着くか楽しみです。
読者の皆様、時節柄お身体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月13日「和歌山、竈山神社祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/436

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31