二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月12日「芭蕉忌、時雨忌」の命日です。

■10月12日「芭蕉忌、時雨忌」です。■
111007_20.jpg松尾芭蕉:まつおばしょう」は、江戸時代前期の俳諧師で、俳諧を革新し「蕉風」を樹立。俳諧に偉大な足跡を残し、明治時代に成立した俳句の源流を作りました。
 
古池や蛙飛込む水のをと」「閑さや岩にしみ入る蝉の声」「荒海や佐渡に横たふ天の河」「夏草や兵共(つはものども)が夢の跡」などがとても有名です。
 
伊賀国の松尾与左衛門と妻・梅の次男として誕生。松尾家は農家でしたが、松尾の苗字を持つお家柄。若くして、伊賀国上野の侍大将・藤堂新七郎良清の嗣子・主計良忠に仕え、京に出て北村季吟に師事して俳諧の道に入りました。
 
171005_11.jpg寛文12年(1672)処女句集「貝おほひ」を上野天満宮(三重県伊賀市)に奉納。3年後、江戸に移って宗匠となります。


延宝8年(1680)深川に草庵を結び、門人の李下から贈られた芭蕉の木を一株植えると大いに茂ったのを見て「芭蕉庵」と名付けます。
 
天和2年(1682)庵を焼失し、甲斐国谷村藩の国家老高山伝右衝門に招かれて移り住み、しばしば旅に出ては「野ざらし紀行」「鹿島紀行」「笈の小文」「更科紀行」などの紀行文を残しました。
 
元禄2年(1689)弟子の河合曾良を伴い、江戸を立って東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで「奥の細道」の旅に出ます。2年後に江戸に帰っています。
 
敬慕した西行・宗祇・李白・杜甫のように旅に生きた芭蕉もまた旅の途中、大坂御堂筋の旅宿・花屋仁左衛門方で「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残して客死します。これが辞世句に。
 
171005_12.jpg秋深き隣は何をする人ぞ」は、死の床に臥す直前に書いた句です。辞世の句「旅に病て夢は枯野をかけめぐる」享年51歳。遺言「木曽殿の隣に」により、大津膳所の義仲寺(ぎちゅうじ)にある木曽義仲(ぎそよしなか)の墓の隣に葬られました。
 
芭蕉が好んで詠んだ句材「時雨」は、旧暦10月の異称です。忌日10月12日は、俳号に因んで桃青忌、時雨忌、翁忌などと呼ばれます。
 
「義仲寺」
◇滋賀県大津市馬場1-5-12
◇JR「膳所駅」京阪電鉄「膳所駅」
◇義仲寺参考ブログ:
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot.php?id=410


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
「秋深き隣は何をする人ぞ」は、死の床に臥す直前に書いた句とありました。筆者も大病して病床に就いたことがあります。隣人が気になった感覚は、共通するものがあります。
俳人の多くが旅先で名句を詠みます。李白・杜甫など土地は違えど、頷ける漢詩に出会うと、悠久の時を共有したような感覚になります。
季節の変わり目です。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月12日「芭蕉忌、時雨忌」の命日です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/435

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31