二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月10日「香川、金比羅宮祭」です。

■10月10日「香川、金比羅宮祭」です。■
121008_21.jpg香川県琴平山の中腹に鎮まる「金比羅宮」は「讃岐のこんぴらさん」と呼ばれ親しまれています。
 
神仏分離・廃仏毀釈が実施される前は「真言宗の象頭山松尾寺金光院」でした。
 
神仏習合で「象頭山金毘羅大権現:ぞうずさん こんぴらだいごんげん」と呼ばれるようになりましたが、明治元年の神仏混淆の廃止で、もとの神社にかえり、同年7月に宮号を仰せられ「金比羅宮:こんぴらぐう」と改称し現在に至っています。
 
現在は、神社本庁包括に属する別表神社で、宗教法人金刀比羅本教の総本部となっています。全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮です。
 
現在の御祭神は「大物主神:おおものぬしのかみ」、相殿に「崇徳天皇」。大
物主神は天照大御神の弟である「建速素盞嗚命:たけはやすさのおのみこと」の子です。大国主神の和魂神(にぎみたまのかみ)で、農業殖産、漁業航海、医薬、技芸などの神徳を持つ神様として全国から広く信仰を集めています。

 
111008_10.jpg大祭は、毎年10月9日~11日の3日間にわたって行なわれる金刀比羅宮

で一番大きな祭事です。夜間に執り行われる「神幸行:おみゆき」は、少年少女の頭人(とうにん)がその列に加わることから「おとうにんさま」とも呼ばれます。
 
金刀比羅宮の大祭中、琴平町では様々な奉祝イベントが催されます。JR琴平駅から奥社までを往復する「こんぴら石段マラソン」、奉納野球、奉納ゲートボール郷土芸能の発表会など、門前町は賑やかになります。
 
因みに、江戸時代の庶民は旅行を禁止されてましたが、神仏への参拝は許されていました。庶民にとって、「お伊勢参り」は一生に一度の夢でした。並んで、讃岐の金毘羅大権現(今の金刀比羅宮)と、京都六条の東西本願寺への参拝の旅も、人生の一大イベント!
 
121008_22.jpg◇代 参◇
当時の参拝の旅は大変なことです。旅慣れた人が代理で参拝に行くこともあり、これを「代参」と言いました。旅を途中で諦めなければならない人が、道中で知り合った旅人に、旅費と初穂料(お賽銭)を託して代参してもらうこともありました。
 
◇こんぴら狗◇
また、「金毘羅参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあったそうです。袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入っており、犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、目的地に辿り着きました。「こんぴら狗」と呼ばれます。
 
金毘羅大権現への代参で有名なのが「森石松」。清水次郎長の代わりに参拝し、預かった刀を奉納したと伝わります。

◇参詣者秘談◇
参道の石段は、奥社まで1368段もあります。資生堂パーラー「神椿」のレストランを利用すれば、駅からタクシーを利用して500段ぐらいまで上へ行けますよ。(秘話)

金毘羅宮
◇香川県仲多度郡琴平町892-1
◇JR土讃本線「琴平駅」徒歩20分
◇琴平電鉄琴電「琴平駅」徒歩15分
◇「高松空港」車50分
◇HP:
http://www.konpira.or.jp/   

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
※香川県の民謡「金毘羅船々」
金毘羅船々 追風(おいて)に帆かけてシュラシュシュシュ まわれば四国は讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり)象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現(だいごんげん)一度まわれば...
金毘羅 み山の青葉のかげからキララララ 金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ海山雲霧(うみやまくもきり) 晴れわたる一度まわれば...
一度聞くと耳に残る節回しです。こんな時世だからこそ「金毘羅船々・・・」で乗り切りたいものです。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月10日「香川、金比羅宮祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/423

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31