二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月8日「大津、天孫神社例祭」です。

■10月8日「大津、天孫神社例祭」です。■
161002_23.jpg天孫神社:てんそんじんじゃ」は、延暦年間に創祀と伝えられ、古伝によると大同3年(808)に平城天皇が近江に行幸の際に行在所として禊祓されたとあります。
 
また、建久年間に近江守護佐々木定綱が社殿造営、新田が奉納され、元亀年間には栗太郡青地の城主青地伊予守より所領が寄進され、豊臣秀吉が大津城築城の際にその余材をもって修復されたと記録されています。
 
近江の国には大変に神徳の厚い社があり、それを昔の人々は一宮~四宮と称しました。一宮が「建部大社」、二宮が「日吉大社」、三宮が「多賀大社」、そして四宮が「天孫神社」です。
 
161002_24.jpg御祭神は「彦火々出見命:ひこほほでのみこと」、「大名牟遅命:おおむなちのみこと」、「国常立命:くにとこたちのみこと」、「帯中津日子命:たらしなかつひこのみこと」で、大津の守護神として崇敬されています。
 
例大祭は「大津祭」と称され、五穀豊穣に感謝の意を込め、氏子中で賑々しく行われます。
 
大津祭曳山祭礼は、江戸時代の初め鍛冶屋町に住む塩売治兵衛という者が、天孫神社の祭礼に「狸面」を被って踊ったことに始まったと伝わります。後に、町内で竹の屋台を作り、木綿の幕を張り、鉦、太鼓の囃子で治兵衛が狸面を着け采を振って踊り、氏子町内を練り歩いていましたが、治兵衛が老年で踊れなくなったので、糸カラクリで腹鼓を打つ狸を作って町内を廻りました。
 
161002_22.jpg寛永12年(1635)からは、台に地車をつけ屋て「曳山:ひきやま」とし、子供達が引いて廻ります。寛永15年からは「三輪の曳山」を作り、やがて元禄、安永年間に現在の曳山が整えられました。
 
狸山をはじめ源氏山、石橋山など13基の曳山が豪華絢爛な見送り幕に飾られ、独特のからくりが巧妙に操られ、人々を楽しませてくれます。からくりの題材は中国の故事や能、狂言から取り入れられたものです。京都の祇園祭に匹敵するほどの祭といわれます。

天孫神社
◇滋賀県大津市京町3-3-36
◇JR琵琶湖線「大津駅」徒歩3分
◇「大津IC」2分
◇公式HP
http://www.tensonjinja.jp/

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
歴史のある大津の天孫神社の大祭、京都祇園祭りにも匹敵する大祭です。次々繰り出す山車、曳山などその荘厳さや数など、時代絵巻、社会風刺などとても圧巻な祭礼です。
大祭が終わると、二十四節気「寒露」の後で秋本番に入ります。
季節の変わり目です。時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月8日「大津、天孫神社例祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/422

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31