二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月9~11日「久留米、高良大社例祭 高良山くんち」です。

■10月9~11日「久留米、高良大社例祭 高良山くんち」です。■
121008_20.jpg筑後国一之宮「高良大社:こうらたいしゃ」は、今から1600年前に創建された旧国幣大社で「九州総社」とも呼ばれます。社殿は神社建築としては九州最大を誇っています。
 
正殿に高良玉垂命、左殿に八幡大神、右殿に住吉大神の三柱の祭神を祀る式内社で、古くは「高良玉垂宮(こうらたまたれぐう)」と呼ばれました。歴代皇室のご尊崇篤く、芸能・延命長寿・厄除けの神として信仰され親しまれています。
 
現在の社殿は、万治3年(1660)久留米藩第3代藩主:有馬頼利の寄進によるものです。
 
111003_8.jpg高良大社例祭」は「高良山くんち」(くんち=御九日)のこと。百々手式と呼ばれる弓馬術や弓道会、獅子舞、神楽、古武道などが奉納され、表千家不白流の方々によるお茶の接待などが行われます。
 
おくんちの日のご馳走は、旬の魚を使った「かます寿司」です。古くから特別料理として各家庭で作られ、今に伝わります。
 
11日の観月会では、箏曲、琵琶、吟詠、舞囃子、久遠太鼓、獅子舞、柳川日吉太鼓、雅楽などが行われ、嵯峨流生花展が開かれます。
 
高良大社
◇福岡県久留米市御井町1
◇JR久大本線「久留米大学前駅」タクシー10分
◇高良大社公式HP
http://www.kourataisya.or.jp/

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月9~11日「久留米、高良大社例祭 高良山くんち」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/420

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31