二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月1~5日「京都、北野天満宮 瑞饋祭」です。

■10月1~5日「京都、北野天満宮 瑞饋祭」です。■
120929_23.jpg北野天満宮:きたのてんまんぐう」は、平安中期に多治比文子らによって北野の右近馬場に「菅原道真公」の御霊をお祀りしたのが始まりとされます。
 
道真公は「和魂漢才:わこんかんさい」の精神を以って学問に勤しまれ、幼少の頃より文才を表し、朝廷の官吏として活躍されました。

※和魂漢才:わこんかんさい※
和魂」とは、我が国固有の精神のことで、「漢才」とは漢字によって得た知識や才能のこと。日本固有の精神と中国渡来の学問。日本固有の精神を失わないで、中国の学問を教養として、学び活用するべき、という考え方のことです。

永延元年(987)一条天皇の令により、初めて勅祭が執り行われ「北野天満宮天神」の神号を得ました。
 
110922_11.jpg寛弘元年(1004)の一条天皇の行幸を初めてとし代々皇室の御崇敬を受け、江戸時代には寺子屋の精神的背景として菅原公がお祀りされ、「天神様」として親しまれ、学問の神様として現在まで受け継がれています。
 
瑞饋祭:ずいきさい」は、京都の秋祭りの先陣を切って10月1日から4日間にわたって行われます。名称の由来は、奉安される「ずいき御輿:みこし」からです。その歴史は古く室町時代に遡ります。明治時代になって神幸祭が取り入れられました。
 
ずいき神輿」とは、野菜、乾物等で趣向をこらした神輿のことで、期間中は御旅所に奉られます。かつて北野祭(例祭)にお供えとして奉られた野菜を一基の大型神輿として作り飾りつけ、屋根はずいき芋(里芋の茎)で葺(ふ)かれ、神輿の各部に隙間なく穀物や蔬菜・湯葉・麩などの乾物類で覆われます。
 
120929_24.jpg神幸祭は10月1日に西ノ京御輿岡町の御旅所へ。10月4日還幸祭にあわせて氏子町会を練り歩きます。還幸祭は特別の意味を持ち、単に「巡行を終えた天神様が本社に御帰りになる」というだけでなく、「大宰府で御隠れになった菅原道真公の御霊が神様として初めて北野の地においでになる」という由来を回顧し再現するという意味もあります。
 
還幸祭が行われる4日には、親類縁者を招いて御馳走を作り、晴れ着をきて、行列に供奉したり、沿道から御輿を拝んだりします。年に一度、御鎮座を思い致し、御神霊を「お迎えする」ことで天神様に改めて感謝する心を育んでいます。
 
北野天満宮
◇京都市上京区馬喰町
◇JR「京都駅」バス、地下鉄「二条駅」バス
◇名神高速道路「南IC・東IC」車約30分
◇公式HP
http://kitanotenmangu.or.jp/
◇ずいき祭http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_event/%e3%81%9a%e3%81%84%e3%81%8d%e7%a5%ad/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月1~5日「京都、北野天満宮 瑞饋祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/405

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31