二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月15日京の三大火祭り「京都、嵯峨釈迦堂 お松明」です。

■3月15日「京都、嵯峨釈迦堂 お松明」です。■
120225_12.jpg嵯峨釈迦堂:さがしゃかどう」の名で知られる「清涼寺:せいりょうじ」は、浄土宗の寺院で、中世以来「融通念仏の道場」としても知られます。宗派は華厳宗、後に浄土宗。本尊は、釈迦如来

開基は東大寺出身の僧「奝然:ちょうねん」で、開山は弟子の「盛算:じょうさん」。現在の本堂は、元禄14年(1701)徳川五代将軍網吉、その母、桂昌院、大阪の豪商泉屋(後の住友)吉左衛門らの発起により再建されたもの。本堂内には本尊「釈迦如来立像」及び「地蔵菩薩立像」を安置します。

毎年3月15日に行われる嵯峨野に長く伝わる壮大な火祭り「お松明」は、「雪の果て涅槃」と昔から伝わる「嵯峨釈迦堂の涅槃会」の儀式で、京都の行事の中でも最も古い行事のひとつです。春を告げる年中行事「大文字」と「鞍馬の火祭り」と合わせて「京の三大火祭り」ともいわれます。

120225_13.jpg三本の大松明は、高さ21丈、20丈、19丈。赤松と藤蔓で作られ、それぞれが稲の早稲、奥手、標準を表しており、その燃え具合によって、その年の稲作の傾向を占います。日が暮れる頃、お堂では涅槃会の法要が営まれ、8時半に点火、豪壮な火柱が立ち上ります。これは、釈迦を荼毘にふした様にあやかっているのだそう。

境内には露店が並び、狂言堂では伝統の嵯峨狂言が行われます。本堂内には、三国伝来の御本尊や涅槃図などを拝むことが出来ます。涅槃図は、釈迦が横たわっていられる回りを弟子、天部、王様から動物達に至るまでが取り囲み嘆き悲しんでいるの図です。

清涼寺
◇京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
◇京都市営バス「嵯峨釈迦堂前」徒歩2分
◇参考Web:http://www5e.biglobe.ne.jp/~hidesan/saga-seiryouji.htm

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
スケジュール
10時   護摩木厄除祈願・詠歌献納 大念仏講
11時   大松明立柱式
15時   護摩木厄除祈願・「おみくじ」高張提灯の高低をきめる
18時30分 涅槃会大法要
20時   お松明式おねり〔西門→山門→本堂前〕
20時30分 大松明に点火
21時30分 終了
「お松明」の見どころは20時30分の大松明でしょう。その炎上する様は、壮観で神秘的で一言では表わしにくいものがあります。お松明の炎に
はとても深い安心感が感じられます。
お出かけの際には、夜露で冷えることがあります。厚着をして冷やさないようにしましょう。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白
があります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月15日京の三大火祭り「京都、嵯峨釈迦堂 お松明」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/70

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31