二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月12日「奈良、東大寺二月堂 お水取り」です。

■3月12日「奈良、東大寺二月堂 お水取り」です。■
130223_22.jpg「二月堂お水取り」は、3月1日より14日間に行われる渡っておこなわれる修二会(しゅにえ)の中の行事のひとつです。

天平勝宝4年(752)二月堂開祖「実忠和尚:じっちゅうかしょう」が、笠置山に参籠して、夢の中で十一面観音悔過(けか)の行法を拝み、これを人間界に移して行おうとしたのが祭の始めと伝わります。

1日から14日までの夜、梵鐘を合図に大きな籠松明(かごたいまつ)が練行衆によって、二月堂の廻廊で振り回されます。これを「おたいまつ」といいます。群集は争ってこの松明から出る火の粉を浴び、厄除けの呪いとします。

110308_11.jpg12日の行事の最後は「韃陀(だったん)の行法」。重さ8キロの籠松明が内陣を激しく巡り、床板に投げつけられる荒行です。

13日の午前1時半過ぎから、呪師以下練行衆が井戸に下り、香水(こうずい)を汲み取って十一面観音に供えます。これを「お水取り」といいます。

東大寺
◇奈良県奈良市雑司町406-1
◇JR・近鉄「奈良駅」バス「大仏殿春日大社前」徒歩5分
 
東大寺公式Web
http://www.todaiji.or.jp/
公式HP二月堂:
http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/guidance6.html
修二会お水取り:http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie3.html
修二会のブログ:http://www.kisetsunootayori.com/01/24-03-01-1.html


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
再掲載:3月1日「東大寺二月堂修二会」にも掲載

1、二月堂本堂(舞台も含む)は三脚の使用はできません。また、お百度を回っておられる信者さんにカメラを向けたり、巡礼の邪魔をしないよう、ご協力のほどよろしくお願い致します。
2、24時間参拝可能ですが、夜間は本堂正面で騒いだりしないようご注意下さい。
有数の観光地ですが、観光客のモラルのない行動がうかがえます。みなさんは非礼のないように参内ください。

来週には「春分」です。毎年この頃、雪が降ることがあります。昨年・一昨年には「名残り雪」が降りました。幸い一時期のような積雪には至らなかったようです。
「寒の戻り」で、お風邪などひかないよう暖かくしてお出かけください。
皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月12日「奈良、東大寺二月堂 お水取り」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/694

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31