二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月27日(旧2月15日)「旧涅槃会(きゅうねはんえ)」です。

■3月27日(旧2月15日)、旧涅槃会(きゅうねはんえ)」です。■

200305_24.jpg

旧「涅槃会:ねはんえ」は、釈迦入滅の旧2月15日に行われる法会で旧暦2月15日、涅槃講や涅槃忌とも称します。涅槃図を掲げ、遺教経を読誦して釈尊の遺徳を追慕奉賛します。推古天皇のとき、奈良の元興寺で行われたのが最初といわれています。

「涅槃:ねはん」とは「ニルヴァーナ」の訳語で、迷妄のなくなった心の境地を指す言葉でしたが、この場合には「釈迦が亡くなったの意」で用いられています。実際に釈尊が入滅された月日は不明ですが、南伝仏教(上座部仏教)では「ヴァイシャーカ月の満月の日」(ウェーサーカ祭)と定められています。

200305_25.jpg

「ヴァイシャーカ月」が「インドの暦」では「第2の月」であることから、2月15日と定められたものです。

◆北枕のゆえん◆
「涅槃図:ねはんず」
とは、釈迦が娑羅双樹の下で涅槃に入った際の「頭を北にして西を向き右脇を下にした姿」で臥し、周囲に十大弟子を始め諸菩薩、天部獣畜虫類などまでが嘆き悲しむさまを描いたもの。仏涅槃図(ぶつねはんず)ともいいます。これが後に、一般の人が亡くなった時に「北枕」とされる謂れです。

「娑羅双樹:さらそうじゅ・しゃらそうじゅ」は、インド原産の常緑高木。「菩提樹」「無憂樹」と並ぶ仏教聖木の一つ。「沙羅双樹」とも記し、他に「サラノキ」「シャラノキ」とも呼ばれます。

二葉柿科。学名・Shorea robustarobusta=大形の、頑丈な、の意。幹高は30mにも達し、春に白い花を咲かせ、ジャスミンティーにも似た香りを放ちます。北インドからネパールに分布する植物で、高地などに生える高木。

釈迦入滅のとき、臥床の四辺にあったという「4双8本の沙羅樹」は、時じくの花を咲かせたのち、たちまちに枯れて白色に変じ、さながら鶴の羽根のごとくであったという。

130320_20.jpg

日本の気候には適していないので、温室以外ではまず見かけません。温暖な地域の仏教寺院には植えられているようです。日本では「夏椿:なつつばき」のことを沙羅双樹として扱うことがあるそうです。

「祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理(ことわり)をあらはす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし」平家物語の冒頭ですが、ここでの沙羅双樹は、おそらく夏椿でしょう。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
2月15日には「祇園精舎の鐘の音・・・・」平家物語の冒頭を暗唱したのは中学時代だっただろうかと、つい昨日のような錯覚を楽しみながら春の足音を感じています。
3月入り暖かい日もあります。とはいえまだまだ寒い日が続きます。毎年涅槃会の時期から月が変わると春のお彼岸だなと感じます。本格的な春の訪れを感じる日々です。
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月27日(旧2月15日)「旧涅槃会(きゅうねはんえ)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/686

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31