二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月3日、日本三大奇祭「新潟、浦佐押合祭」です。

■3月3日「新潟、浦佐押合祭」です。■
120216_33.jpg「浦佐毘沙門堂:うらさびしゃもんどう」(普光寺・ふこうじ)境内で行われる「裸押合大祭:はだかおしあいたいさい」日本三大奇祭の一つとされる裸祭り、夜祭りとして古くから知られます。

今から千二百年前、将軍坂上田村麻呂がこの地に御堂を建て守護の毘沙門天を祀って、その将士や村長、村人と共に国家安泰、五穀豊穣、家内安全身体健康を祈り、祝宴の中で歌い踊って士気を鼓舞したことにに始まります。

その昔は、毎年正月3日に行われていましたが、明治6年から3月3日に行われるようになりました。

毘沙門堂に安置された毘沙門天御本尊の御開帳に、我先に参拝しようと押し合いになったことが始まりとされます。遠くから峠を越え、三日三晩かけて参拝する信者で賑わい、信者は水行(みずごり)をして身を清め、その年の「除災招福」を祈願しようと押合いもみ合い本尊に参前します。

これが現在の押合祭となり盛大に厳粛に行われ、当日は深雪の中で冷水を浴びた男衆が、普光寺毘沙門堂内において、五穀豊穣・家内安全・身体健康を願い、ご利益の御札を我先に奪い合います。

130214_22.jpg昼間の境内では、お堂の屋根の上や雪で作られたステージ上から丸い紅白の餅がまかれる「福餅撒与」が行なわれます。福餅まきには沢山の参拝者が詰め掛けます。夕刻になると、護摩修行が行なわれていた本堂内も全ての物が片付けられ、床の上一面に藁が敷き詰められ、境内は勇壮な夜祭りの会場へと姿を変えます。

奉納された大きな蝋燭(約40キロ)を持った若者を先頭に30人程の裸に晒しをまいた姿の男達が走り込んで来ます。

本堂横で列を整え並び直し「さんせさんよ」の掛け声と共に威勢を上げたあと、本堂前にある池の近くに移動します。提灯を合図に男達は次々と池に飛び込んで身体を清めます。

その後、掛け声と共に本堂内になだれ込み、本堂は熱気に包まれます。この押合いと、福餅まきが夜遅くまで続き、年男がささらをすって豊穣を祈願する「ささらすり」の神事が行なわれる夜10時半過ぎまで、雪で覆われた境内では、その熱気に寒さを忘れて歓喜する人々で賑わいます


浦佐毘沙門堂(普光寺)
◇新潟県南魚沼市浦佐2459甲
◇JR「浦佐駅」徒歩5分
◇関越自動車道「小出IC」~、「六日町IC」~20分
普光寺HP:
http://www.bisyamonnosato.com/top.html


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
3月3日は「上巳の節句」が全国的に有名です。新潟では「押し合い祭」の日で、日本三大奇祭のひとつです。
3月に入ってもまだまだ寒い日が続きます。観光で裸祭りを見に南魚沼にお出かけに際には、暖かくしてお出かけください。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月3日、日本三大奇祭「新潟、浦佐押合祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/678

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28