二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

11月28日「東京品川、千体荒神大祭」です。

■11月28日「東京品川、千体荒神大祭」です。■
111125_11.jpg江戸三十三箇所観音札所番外、本尊に十一面観世音菩薩を祀る曹洞宗「海雲寺:かいうんじ」は、建長3年(1251)僧不山によって開基。

はじめは「庵瑞林」といい、海晏寺境内にあって臨済宗でしたが、慶長元年(1596)海晏寺五世分外祖耕大和尚を開山とし、曹洞宗に改められ、寛文元年(1661)海雲寺になりました。火と水を守る台所の神様として信仰されています。
 
▼千体荒神大祭
江戸時代から続く春秋の例大祭のことで、毎年3月と11月の27、28日に千体荒神王がご開帳となります。
本尊の十一面観音像は、品川沖でかかった鮫の腹から出た物と伝えられ、一帯の
「鮫洲」という地名の由来ともなっています。

千体荒神大祭では家内安全、火災消除を祈願して大護摩修行が勤行され、三宝荒神を祀れば心願成就、開運出世諸災消除、台所で一番大切な火と水を守る竃の神様のご利益により、一切の災難を除き、衣食住に不自由しないとされています。

境内や門前の東海道には、縁起物のお釜の形をした名物「窯オコシ」や、荒神松、くず餅などが売られる他、多くの露店が立並び参拝者で賑わいます。

春は3月27~28日、秋は11月27~28日開催。

海雲寺
◇東京都品川区南品川3-5-21
◇京浜急行線「青物横丁駅」徒歩5分


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月28日「東京品川、千体荒神大祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/521

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30