二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

11月25日「憂国忌」三島由紀夫の忌日です。

■11月25日「憂国忌」です。■
111114_23.jpg「憂国忌:ゆうこくき」は、三島由紀夫の忌日です。「三島由紀夫:みしまゆきお」は、東京生まれの小説家、劇作家。また右翼思想家。本名は、平岡公威(ひらおかきみたけ)

大正14年(1925)1月14日、東京市四谷区永住町(現在の東京都新宿区四谷)に、平岡梓と倭文重の間に長男として生まれました。「公威:きみたけ」の名は、祖父・定太郎の命名。

代表作は、小説に「仮面の告白」「禁色」「潮騒」「金閣寺」「豊饒の海」四部作など。戯曲に「サド侯爵夫人」「わが友ヒットラー」「近代能楽集」など。美に最高の価値を認める唯美的な作風が特徴です。

141112_26.jpg

昭和45年(1970)11月25日、「楯の会」の会長として陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内東部方面総監部の総監室を、森田必勝ら楯の会メンバー4名と共に訪れ、隙を突いて益田兼利総監を人質に取り籠城。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起・クーデターを促す演説をするも失敗し、後に割腹自殺(三島事件)を遂げました。45歳没。

筆名の「三島」は、日本伝統の三つの島の象徴、静岡県三島の地名に由来。決起当日の朝、担当編集者の手に渡った「豊饒の海」第四部「天人五衰」最終話、日付は11月25日と記載され、これが最後の作品となりました。

戒名「彰武院文鑑公威居士」。忌日は「憂国忌」と呼ばれ、三島由紀夫研究会などにより偲ぶ集いが行われます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
三島由紀夫研究会
http://mishima.xii.jp/contents/index.html
研究会の中に「憂国忌 趣意書」があります。ご興味のある方は必見です。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月25日「憂国忌」三島由紀夫の忌日です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/517

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30