二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

11月12日「京都、嵐山紅葉祭」です。

■11月12日「京都、嵐山紅葉祭」です。■
111113_1.jpg毎年11月の第2日曜日「嵐山紅葉祭」が行われます。これは、天下の名勝嵐山の紅葉を讃え、嵐山一帯を守護する「嵐山蔵王権現」に感謝する神事です。嵐山渡月橋上流一帯に浮かんだ船上舞台では、由緒ある史蹟や文化、この地にゆかりの深い芸能が披露されます。
 
嵐山」は、北は嵯峨野南は桂と、名所旧跡の多い観光の中心地です。四季折々の表情を見せる渡月橋周辺は、桜と紅葉の名所として多くの観光客を集めます。

  嵐山を象徴する「渡月橋:とげつきょう」は、嵐橋とも呼ばれ、古く平安時代はじめの承和3年(836)空海の弟子・道昌が大堰川を修築したおりに架橋されたものと伝わります。

141101_27.jpg亀山上皇が曇りない夜空に月がさながら橋を渡るようなさまを見て「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから名付けらたそう。渡月橋を境に、上流の「大堰川」から「桂川」と名を変えて流れる川は、平安京の貴族たちが舟遊びや紅葉狩りを楽しみました。
 
開催場所
◇京都府京都市右京区嵐山渡月橋一帯
◇参考ブログ
http://www.joho-kyoto.or.jp/~retail/akinai/maturi/maturi_arashiyama.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月12日「京都、嵐山紅葉祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/490

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28