二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

11月3日「明治神宮 例祭」です。

■11月3日「明治神宮 例祭」です。■
121028_28.jpg明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする「明治神宮」は、明治45年7月30日明治天皇崩御、大正3年4月11日には昭憲皇太后が崩御の後、その遺徳を偲ぶ国民から、御神霊をお祀りして御聖徳を永遠に敬い、お慕いしたいとの願いから創建されました。

明治天皇が「うつせみの代々木の里はしづかにて都のほかのここちこそすれ」と詠んだ代々木の南豊島世伝御料地を境内地として、大正9年11月1日(1920)御鎮座となりました。

内・外苑一帯にわたって鬱蒼と茂る緑の森は、神宮御鎮座にあたり日本各地や朝鮮半島、台湾などから献木されたおよそ10万本、365種の人工林で面積は70万㎡。全国青年団による勤労奉仕により植樹が行われました。

111028_5.jpg

昭和20年(1945)空襲の際に、社殿のほとんどが消失したましたが、昭和33年(1958)に再建されました。大東亜戦争後は、宗教法人神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていましたが、平成16年(2004)神社本庁との包括関係を解消して単立神社となっています。

秋の大祭の御社殿前では優雅な雅楽に合わせて舞う「舞楽」、西芝地では馬上から矢を射る「流鏑馬」、正参道沿いでは大輪の菊が咲き競う「菊花展」など、どなたでもご覧になれます。

本殿を中心に厄除・七五三などの祈願を行う神楽殿、明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する宝物殿、御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する至誠館など。

131026_22.jpg

近頃パワースポットと騒がれている、加藤清正が掘ったと伝わる「清正の井」や、明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた「美しい花菖蒲」など、多くの見どころがあります。秋の爽やかな一日、ご家族やお知り合い皆さまでお楽しみ下さい。

初詣では、正月三が日に300万人にのぼる日本一の参拝者数を集めています。

11月1日鎮座記念祭から秋の大祭などが行われ、3日には明治神宮で最も重要な祭儀、例祭(勅使参向)が執り行われます。

明治神宮
◇東京都渋谷区代々木神園町1-1
◇JR山手線「原宿駅」地下鉄千代田線「明治神宮駅」徒歩1分
◇東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」、他
◇公式HP
http://www.meijijingu.or.jp/

◆◆清正の井◆◆
清正の井周辺が近年、パワースポットとして紹介されてから行列ができています。明治神宮では整理券を配って混乱を防いでいます。
TV番組で紹介される以前は、人影もまばらで、湧水がコンコンと湧き出る風情のある井戸でした。加藤清正公が掘ったとされる「清正の井」は明治神宮公式HPで紹介されています。ご訪問の際にはパワースポットだけに行かず、明治神宮にお参りをしてからお水をいただきたいものです。
清正の井伝説
http://www.meijijingu.or.jp/midokoro/3.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月3日「明治神宮 例祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/475

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28