二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月26日「良忍聖人忌」です。

■2月26日「良忍聖人忌」です。■
160221_24.jpg「良忍上人(聖應大師)」は、延久4年(1072)尾州知多郡(現愛知県東海市富木島町)に誕生、父は領主で、母は熱田神宮大宮司の息女でした。美声の持ち主だったところから幼名を音徳丸。12歳で比叡山に登り、良賀僧都のもとで得度し「光乗坊良仁」と名のります。「良忍」と改名したのは大原へ隠棲して後のことです。比叡山では堂守りとして修業する傍ら、天台の学問、密教や戒律の修法にも努めました。

21歳で学侶(学問をする修行僧)を教導する講主に任ぜられることになります。しかし学問の議論ばかりが先走り、良忍上人は、伝教大師が強調された道心(真の道)求める心が薄れていることを嘆いていました。

時代は貴族社会に変わって武家政権に移行する動乱期でした。比叡山にも時代変革に伴う世俗化の波が押し寄せていたのです。
23歳にして良忍上人は洛北大原に隠棲されることになります。「大原」は比叡山の別所として、念仏聖修行者が草庵を結んで一つの集落を形成していたところです。

大原での良忍上人は、往生を願う純心な念仏行者であったと「後拾遺往生伝」「三外往生記」から読み取れます。真摯な念仏行者であり、法華経の修行僧であったことが窺えます。

220218_41.jpg四十六歳の永久五年(1117)5月15日「午の刻」阿弥陀仏がお姿現し、速やかに「智慧」かがやき喜び溢れる幸せの世界に至る方法として「融通念仏の法門」を授与されました。御文を「弥陀の妙偈」といい、「融通念佛宗」の教えの要となるものです。

ある時、「鞍馬寺」の「多聞天王」がお姿を現して上人にいわれるには、「あなたは先に仏さまから尊い融通念仏を授かったのに、どうしてそれを人びとに勧めて苦しみの衆生を救済しないのか」このお言葉によって布教の時ようやく至ったことを知りました。

天治元年(1124)はじめて市中に出て念仏勧進を始められました。上人の名は朝廷に達し、鳥羽上皇は上人を招いて融通念仏会を修めました。さらに上皇は自ら融通念仏勧進帳(名帳)を製し、帰信者に名を記させるべくご自身もお名前を録し、かつ序文をしたためられました。

160221_25_1.jpg

天治二年(1125)4月4日 お礼のため鞍馬寺で通夜念仏していると、またも「多聞天王」が現れ、神々の天の世界にまで「融通念仏日課百遍」を勧めた証拠に「神名帳」を授けられました。その「神名帳」には梵天、帝釈、四天王をはじめとして、閻魔王界から地獄の役人に至り、かつ日本国内の八百万神の名が星のごとく連なっていました。神々もまた融通念仏の行者としての誓約をされているのです。融通念仏が神祇同音といわれるのはそのためです。

良忍上人は天性の美声の持ち主で、「魚山流声明(しょうみょう)」を大成されました。これが声明業中興の祖として仰がれている所以です。大原には、音無しの滝、呂川、律川など良忍上人の声明に因んだ名称が残っています。

声明(しょうみょう):日本のあらゆる音楽の原点である仏教音楽のこと。

大念仏寺
◇大阪市平野区平野上町1-7-26
◇JR大和路線 平野駅より 南へ徒歩5分
◇地下鉄谷町線 平野駅①②出口より 北へ徒歩8分
◇公式Web
http://www.dainenbutsuji.com/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
仏教音楽を「声明」と云うんだそうです。良忍上人忌ブログを書いていて初めて知りました。確かに通読暗記よりも発声暗唱の方が記憶に残ります。それに声明のような音階をつければ尚覚えやすくなるでしょう。眠たくなるのを我慢する長い会議も、「声明」を見習って、覚えやすい内容にしてもらいたいものです。それには修行が必要なんでしょうね。
時節柄季節の変わり目です。時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月26日「良忍聖人忌」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/682

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28