二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月20~3月31日「水戸、偕楽園 梅まつり」です。

■2月20日~「水戸、梅まつり」です。■
130204_22.jpg水戸偕楽園「梅まつり」は、明治29年(1896)、水戸~上野間に鉄道開通を機に「観梅列車」が運行されたことに始まりました。

昔は観光客が梅林を散策したり、好文亭(偕楽園)で辺りの風景を賞しながら歌を作ったりしました。上野から水戸に現在の常磐線が開通すると、一躍水戸の梅が有名になって訪れる人々が多くなり、訪れる観光客へのもてなしとして梅まつりの始まりとなりました。

「偕楽園」は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園の一つ。江戸時代天保13年(1842)7月、水戸藩第9代藩主「徳川斉昭公:なりあきこう」により造られました。

130204_23.jpg

園内には百種3千本と、田鶴鳴梅林には百種1千本の梅が植えられ、香しい早春を告げます。2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」を皮切りに、

桜・躑躅(つつじ)、秋には萩、初冬には二季桜と、花々が季節を届けます。

徳川斉昭公は、偕楽園内で最も深山幽谷を思わせる湧水泉である「吐玉泉:とぎょくせん」の水を使って、好文亭「何陋庵:かろうあん」で民とともに茶道を楽しみました。井筒には常陸太田市産出の真弓石(大理石)が使われています。

期間中は各種行事が行われます。野外琴の会・野点茶会・水戸のひな流し、撮影会や写真コンテストなど。好文亭では期間中の入場時間を延長し、ライトアップなども行われます。 

問い合わせ/水戸観光協会
◇偕楽園速報:http://www.kairakuen.u-888.com/

◇120回梅まつり:http://www.mitokoumon.com/maturi/ume/ume.html

偕楽園
◇茨城県水戸市常盤町
◇JR「水戸駅」バス15分
◇常磐自動車道・水戸インターから約20分
◇偕楽園公式HP:
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html  

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
日本三大名園の偕楽園で開催される梅まつりです。
梅の名所といえば水戸偕楽園以外では、湯島天神の白梅紅梅が有名です。今年は寒気団の影響で、未だつぼみの状態だと報道がありました。寒い日が続くと紅梅が美しいそうです。

日なたでは暖かさを感じますが、朝夕の冷え込みは体にさわります。梅祭りには、寒さ対策をしてお出かけください。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月20~3月31日「水戸、偕楽園 梅まつり」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/665

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28