二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月16日「日蓮聖人誕生会」です。

■2月16日「日蓮聖人誕生会」です。■
120204_16.jpg鎌倉時代の仏教の僧「日蓮:にちれん」は、貞応元年2月16日(1222年3月20日)安房国長狭郡東条郷片海(安房郡天津小湊町/現在の千葉県鴨川市)の小湊で誕生しました。幼名は「善日麿:ぜんにちまろ」。

誕生の地、小湊には降誕の時に、庭先から泉が湧き出し産湯に使った「誕生水」、季節外れに浜辺に青蓮華が咲いた「蓮華ケ渕」、海面に大小の鯛の群れが集まった「妙の浦」という不思議な「三奇端」が今日に伝わります。

天福元年(1233)清澄寺の「道善」を師として入門。暦仁元年(1238)に出家。「是生房蓮長」の名を与えられました。また是聖房とも伝わります。
 
修行の道に入った是生房蓮長は、諸宗の中でいずれかが真の仏教かを求め、鎌倉・叡山・園城寺(三井寺)・南都(奈良)・高野山など各地を歴訪し、諸宗・諸経を学びました。
 
全ての仏経典を読破し、研鑽した結果「妙法蓮華経」(法華経)こそが釈迦の本懐であり、法華経をないがしろにする当時の仏教界の矛盾を悟るに至ります。
 
そこで「法華経勧持品」に予証される末法出現の法華経の行者「上行菩薩の再誕」との立場から「南無妙法蓮華経」と唱えることを第一として教えを弘めはじめます。

120204_17.jpg建長5年(1253)「清澄寺」に帰山し、内々に両親および「浄顕房」「義浄房」に対して折伏(しゃぶく)を行い、内証の上の宣言を行いました。4月28日朝、昇ってくる太陽をはじめ宇宙法界に向かって「南無妙法蓮華経」の題目を唱え始め立宗宣言。この日の正午、清澄寺の持仏堂で初転法輪(仏の教法を説くこと。仏法が誤った考えや煩悩を破砕することを、転輪聖王が輪宝という武器によって敵を降伏させた例え)を行いました。

2月16日、法華経の題目「南無妙法蓮華経:なむみょうほうれんげきょう」を重んじる諸宗派は、宗祖とする日蓮大聖人御誕生の日にあたり、御誕生会の法要が奉修されます。

※折伏(しゃくぶく):破折屈伏(はしゃくくっぷく)の略。相手の間違った思想に迎合することなく、正しいものは正しいと言い切り、相手と対話を通じて日蓮の仏法を伝えること。

誕生寺
◇千葉県鴨川市小湊183
◇JR東日本:東京-蘇我-大網-安房小湊(外房線・1時間50分)
◇公式HP:
http://www.tanjoh-ji.jp/nichiren/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月16日「日蓮聖人誕生会」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/656

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30