二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月14日「奈良、長谷寺 だだ押し」です。

■2月14日「奈良長谷寺だだ押し」です。■
120204_11.jpg「長谷寺:はせでら」は、山号を豊山( ぶさん )と称し、正式には「豊山神楽院長谷寺:ぶさんかぐらいんはせじ」といいます。

万葉集に「こもりくの泊瀬山」とうたわれたように、昔はこの地を「豊初瀬:とよはつせ」、「泊瀬:はつせ」などと呼んでいたので「初瀬寺」「泊瀬寺」「豊山寺」とも呼ばれます。

現在は、真言宗豊山派の総本山として、また西国三十三観音霊場第八番札所として、全国に末寺三千余ヶ寺、檀信徒はおよそ三百万人といわれ、四季を通じ「花の御寺」として多くの人々の信仰をあつめています。

150211_21.jpgだだ押し」は、人間の罪や穢れを仏前に懺悔し、身心も清浄にして新年を迎えるため、悪魔退散、無病息災、万民豊楽を祈る法要で、毎年2月8日に始まる修二会の最終日2月14日に行われます。

これは追儺会(ついなえ=鬼やらい)の一つですが、「だだ押し」と呼ぶのは僧呂が堂の床を踏み鳴らす足音が「ダダ」から。閻魔大王の宝印である「檀拏:だんだ」を額に押し当てて加持することに由来。また、疫病神を駆逐する「儺押し:だおし」から来たとの説もあります。

長谷寺のだだ押しは「大和路に春をよぶ火祭り」として知られています。

長谷寺
◇奈良県桜井市初瀬731-1
◇長谷寺公式HP
http://www.hasedera.or.jp/index.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
1月の左義長どんど祭などは火祭りとして有名です。2月の菅生石部神社祭り、神倉神社御燈祭りなどの火祭りがあります。
バレンタインデーにもらったチョコレートから火遊び・・・などと言っている人は、一度妬かれるまでになってください。恨みを買って業火の炎の的にならないように!
だだ押しから京都は春の息吹です。まだまだ寒い日が続きます。
皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月14日「奈良、長谷寺 だだ押し」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/653

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28