二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月7日「笠間稲荷 初午祭」です。

■2月7日「笠間稲荷 初午祭」です。■
「笠間稲荷神社」は、別称:胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷と呼ばれる神社本庁の別表神社。本殿は江戸末期の建築で、周囲の彫刻は国の重要文化財指定。「三頭八方睨み龍」「牡丹唐獅子」は特に有名。

110205_5.jpg

御祭神は「宇迦之御魂命:うかのみたまのみこと=正一位の最高位の神」。第36代孝徳天皇の御代、白雉2年(651)創建、1350余年の歴史を有する由緒ある神社で、日本三大稲荷のひとつです。

この日「初午祭」が行われます。一陽来復と全てのものの蘇り、そして作物の豊饒を願う神事です。「午」は動物の馬に通じ、馬は神の最も愛寵されたものとして、人々は馬を通じて神の霊威を感じ、午の日を神聖な日と考えるようになりました。方角では南、時間では昼の12時(正午)を表し、陽気の旺んなことを示しています。

稲荷大神にとって「キツネ」は、熊野神社の「カラス」、八幡神社の「ハト」、氏神さまの「狛犬」などと同じように「神使:かみのつかい」「眷属:けんぞく」などと呼ばれ、神さまのお使いをする霊獣です。

中世の時代、人間が持っている様々な欲望を、直接神さまに祈願するのは畏れ多いとして、特別に選ばれた動物を通してお願いすることが行われたことによるものです。キツネがお使いとして選ばれたのは、稲荷大神が農業神であることと深く結びついています。

日本人には古くから神道の原形「山の神、田の神」が信仰されていました。春になると山の神が山から里へ降り、田の神となって稲の生育を守護し、収穫が終えた秋に山へ帰って山の神となるというもの。キツネ「農事の始まる初午の頃から収穫の終わる秋まで」人里に姿を見せます。

130124_24.jpgキツネが稲荷大神のご祭神と混同されるようになったのは、平安時代以降の神仏習合によります。稲荷大神が仏教の守護神「茶枳尼天:だきにてん」の垂迹(すいじゃく)とされたからです。茶枳尼天は、またの名を「白晨狐菩薩:びゃくしんこぼさつ」といい、キツネの精とされました。このことから、いつの間にか一般民衆の間で、稲荷大神のご祭神とキツネが混同して理解されてしまったわけです。

また、稲荷大神のまたの名である「御饌津神:みけつがみ」の「ミケツ」が混同されて「三狐神:みけつがみ」と記されたこともその一因。御饌津神とは、「御=尊称・饌=食物・津=の・神」で、食物を司る神を意味しており、キツネとは全く関係はありません。

神社神道本来の心である「明き心」「清き心」「正しき心」「直き心」をもって御祭神、宇伽之御魂神の御神慮と御神徳を正しく理解することが大切です。

笠間稲荷神社
◇茨城県笠間市笠間1番地
◇JR常磐線「笠間駅」バス5分
公式HP:
http://www.kasama.or.jp/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月7日「笠間稲荷 初午祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/641

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28