二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月3日「笠間稲荷 初午祭」です。

■2月3日「笠間稲荷 初午祭」です。■

210203_30.jpg「笠間稲荷神社」は、別称:胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷と呼ばれる神社本庁の別表神社。本殿は江戸末期の建築で、周囲の彫刻は国の重要文化財指定。「三頭八方睨み龍」「牡丹唐獅子」は特に有名。

御祭神は「宇迦之御魂命:うかのみたまのみこと=正一位の最高位の神」。第36代孝徳天皇の御代、白雉2年(651)創建、1350余年の歴史を有する由緒ある神社で、日本三大稲荷のひとつです。

この日「初午祭」が行われます。一陽来復と全てのものの蘇り、そして作物の豊饒を願う神事です。「午」は動物の馬に通じ、馬は神の最も愛寵されたものとして、人々は馬を通じて神の霊威を感じ、午の日を神聖な日と考えるようになりました。方角では南、時間では昼の12時(正午)を表し、陽気の旺んなことを示しています。
190129_133.jpg
稲荷大神にとって「キツネ」は、熊野神社の「カラス」、八幡神社の「ハト」、氏神さまの「狛犬」などと同じように「神使:かみのつかい」「眷属:けんぞく」などと呼ばれ、神さまのお使いをする霊獣です。

中世の時代、人間が持っている様々な欲望を、直接神さまに祈願するのは畏れ多いとして、特別に選ばれた動物を通してお願いすることが行われたことによるものです。キツネがお使いとして選ばれたのは、稲荷大神が農業神であることと深く結びついています。

日本人には古くから神道の原形「山の神、田の神」が信仰されていました。春になると山の神が山から里へ降り、田の神となって稲の生育を守護し、収穫が終えた秋に山へ帰って山の神となるというもの。キツネ「農事の始まる初午の頃から収穫の終わる秋まで」人里に姿を見せます。

190129_14.jpgキツネが稲荷大神のご祭神と混同されるようになったのは、平安時代以降の神仏習合によります。稲荷大神が仏教の守護神「茶枳尼天:だきにてん」の垂迹(すいじゃく)とされたからです。茶枳尼天は、またの名を「白晨狐菩薩:びゃくしんこぼさつ」といい、キツネの精とされました。このことから、いつの間にか一般民衆の間で、稲荷大神のご祭神とキツネが混同して理解されてしまったわけです。

また、稲荷大神のまたの名である「御饌津神:みけつがみ」の「ミケツ」が混同されて「三狐神:みけつがみ」と記されたこともその一因。御饌津神とは、「御=尊称・饌=食物・津=の・神」で、食物を司る神を意味しており、キツネとは全く関係はありません。

神社神道本来の心である「明き心」「清き心」「正しき心」「直き心」をもって御祭神、宇伽之御魂神の御神慮と御神徳を正しく理解することが大切です。

笠間稲荷神社
◇茨城県笠間市笠間1番地
◇JR常磐線「笠間駅」バス5分
公式HP:
http://www.kasama.or.jp/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月3日「笠間稲荷 初午祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/641

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28