二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月8日「成道会(じょうどうえ)」です。

■12月8日「成道会(じょうどうえ)」です。■
181201_1.jpgお釈迦様が菩提樹の下で悟りを得たことを記念して行う法会。日本や中国では12月8日が一般的で、「臘八会(ろうはちえ)」ともいいます。
仏教の修行を積んで悟りを開くことを「成道」といいます。「道」とは「さとり」の意です。
たとえばゴータマ・ブッダ(お釈迦様)は35歳のときにブッダガヤの菩提樹(ぼだいじゅ)の下で覚(さと)り(無上正等覚、無上菩提)を開いてブッダ(覚者)となったと伝えられていて、これを成道と呼び、毎年この日 (12月8日) に行う法会を成道会(じょうどうえ) 別名では「臘八会(ろうはちえ)」とも呼ばれます。

禅宗寺院では12月1~8日の朝まで7日間不眠不休の座禅が行われます。この間の座禅を接心ともいいます。
「成道」とは仏教の用語で、「道」すなわち悟りを完成するという意です。悟りを開いて仏と成ることであるから「成仏」と同じ意味であり、また「得仏(とくぶつ)」、「成正覚(じょうしょうがく)」などともいいます。
181129_10.jpg「八相(はっそう)成道」というのは、お釈迦様の生涯の八つの大きなできごと(八相)のうちで、「成道」がとくにその中心をなす重要なできごとであることを表しています。

中国・日本では12月8日「臘八(ろうはち)」に修める法要を「成道会(じょうどうえ)」としています。
南方の仏教諸国ではベーサーカ月(インド暦第2月で、太陽暦4~5月に相当)の満月の日が成道の日である定めています。

181129_11.jpg「成道会」は毎年12月8日に行われ「灌仏会(かんぶつえ)」「涅槃

会(ねはんえ)」とともに〈三仏会〉で三大法会として重んじられています。
この日、臘八粥といって粥に昆布、串柿、菜などを入れたものを食します。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月8日「成道会(じょうどうえ)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1664

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31