二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月24日「納めの地蔵」です。

■12月24日「納めの地蔵」です。■
121214_21.jpg「納めの地蔵」とは、年の最後の地蔵尊縁日のこと。地蔵縁日は「4」の付く日に行われています。12月24日はその年最後の縁日として「納めの地蔵」と呼ばれています。ちなみに、年明け1月24日は1年で最初の地蔵の縁日で「初地蔵」呼ばれ「納め地蔵」と共に親しまれています。

地蔵菩薩は、サンスクリット語で「クシティ・ガルバ」で、「クシティ」は「大地」を、「ガルバ」は「胎蔵」を意味することから「地蔵」とされています。地蔵菩薩を遡るとインド神話、バラモン教を通して仏教に取り入れられた大地の天すなわち「地天」です。

この「地天」に対して「梵天」があり、こちらは天を司るとされる「虚空蔵菩薩」です。本来は、地天が地蔵菩薩と梵天が虚空蔵菩薩は一対として存在しています。日本ではそれまで「民間信仰」の田の神地蔵信仰が一般的に広まっていたので、地蔵菩薩と、民間信仰と深く結びついたと考えられています。

仏典の「地蔵十王経」によれば、地蔵菩薩は、閻魔大王の化身と言われ、釈迦入滅後、56億7千万年後に弥勒菩薩が現れるまでの間、六道(地獄道・餓鬼道・阿修羅道・畜生道・人間道・天道)の一切衆生を、救う菩薩とされています。もともと地獄信仰と地蔵菩薩とは別個のものでした。

ここで「地蔵菩薩」がもともと「地」を司ることから、農耕民族である日本人にとって民間信仰の「地霊・田の神」とほどなく融合して、地蔵信仰と地蔵菩薩が「お地蔵様」として伝えられている。

121214_22.jpg右手に錫杖、左手に宝珠をといった地蔵の姿から、僧侶をモチーフにした地蔵に、童子の姿の地蔵など多岐にわたります。呼称も時代と共に「地蔵菩薩」から「お地蔵さま」に変化親しみを込めて変化しています。
 
東京巣鴨の「とげぬき地蔵尊」では、この日、1年間のお礼と来年への祈願を兼ねてお参りが行われ、地蔵菩薩を祀るお堂は多くの参詣者で切れ目がなく、とても賑わいます。参道の地蔵通り商店街では、正月飾りなどを売る露店が立ち並びます。

とげぬき地蔵尊(萬頂山高岩寺)
◆東京都豊島区巣鴨3-35-2
◆JR東日本、山手線「巣鴨」徒歩6分
◆都営地下鉄三田線「巣鴨」徒歩6分

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月24日「納めの地蔵」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/904

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28