二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月28日「官庁御用納め」です。

■12月28日「官庁御用納め」です。■
121214_25.jpg「御用納め」とは、官公庁などにおいて、その年の執務最終日を指します。
一般的には12月28日で、「御用仕舞い」とも。
12月28日が土曜日、日曜日の場合はその前の日の金曜日が御用納めとなります。
 
日本の官公庁では、明治6年の行政機関の休日に関する法律により、12月29日から1月3日までを「休日」として定めています。
 
年明け執務開始日を「御用始め」と呼び1月4日です。1月4日が土曜日、日曜日に当たるときは、それぞれ1月6日、1月5日が御用始めとなります。平成29年は1月4日木曜日が御用始めになります。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
御用納めになると、歳末の雰囲気が増してきます。それまでのクリスマス雰囲気から、年の瀬といったイメージの上野のアメ横や築地市場の様子が報道されます。
全国的にノロウイルスは感染力が強いものだと報道です。外から帰ったらうがい手洗いを忘れずに!
油断からお風邪などお召しにならないようにお体ご自愛専一のほど
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月28日「官庁御用納め」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/561

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31