二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月25日「蕪村忌」与謝蕪村の忌日です。

■12月25日「蕪村忌」です。■
111221_18.jpg「与謝蕪村:よさぶそん」は、江戸時代中期の日本の俳人・画家で、松尾芭蕉、小林一茶と並ぶ江戸俳諧の巨匠のひとり。江戸俳諧中興の祖といわれます。蕪村以外の俳号は、宰鳥・夜半亭(二世)、画号は春星・謝寅など。
 
享保元年(1716)摂津国東成郡毛馬村(大阪市)に生まれ、20歳の頃に江戸に下り、早野巴人(はやのはじん・夜半亭宋阿)に師事し俳諧を学びます。
 
寛保2年(1742)27歳の時、下総国結城(茨城県結城市)の砂岡雁宕(いさおかがんとう)の元に寄寓し、松尾芭蕉に憧れてその足跡を辿り東北地方を周遊します。
 
寛保4年(1744)その手記を雁宕の娘婿の佐藤露鳩(さとうろきゅう)宅に居寓した際に編集し「歳旦帳(宇都宮歳旦帳)」はじめて蕪村を号します。
 
121214_24.jpgその後、丹後・讃岐などを歴遊し、42歳頃に京都に居を構え、与謝を名乗るようになり、45歳頃に結婚、一人娘・くのをもうけます。島原角屋で句を教えるなど、以後は京都で生涯を過ごしました。
 
天明3年(1783)12月25日未明、居宅(京都市下京区仏光寺通烏丸西入ル)にて、68歳の生涯を閉じました。辞世句「しら梅に明(あく)る夜ばかりとなりにけり」。墓所は京都市左京区の金福寺です。
 
洛北の「金福寺」は俳句の聖地といわます。元禄年間に和尚を芭蕉が訪ね親交を深めました。和尚は庵に「芭蕉庵」と名付け、いつまでもその高風を偲んだとか。
 
和尚の死後80年経ったある日、荒廃した芭蕉庵を訪れた蕪村が再興したのだそう。芭蕉の碑、芭蕉像、蕪村の遺愛品などが残されています。また、小説「花の生涯」のヒロイン・村山たか女が波乱の生涯を終えた寺でもあります。
 
金福寺
◇京都市左京区一乗寺才形町20
◇叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」徒歩15分
◇京都観光ナビ
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000076

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月25日「蕪村忌」与謝蕪村の忌日です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/560

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28