二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月17日「奈良、春日大社 若宮おん祭」です。

■12月17日「奈良、春日大社 若宮おん祭」です。■
121206_25.jpg春日大社の摂社「若宮」の御祭神は、本宮第三殿の天児屋根命と第四殿の比売神の御子神「天押雲根命:あめのおしくもねのみこと」で、平安時代に御出現され「水徳の神」と仰がれました。
 
長承年間に大雨洪水により飢饉が相次ぎ、疫病が蔓延し、時の関白・藤原忠通公が万民救済の為に若宮の御霊威にすがり、保延元年旧暦二月二十七日、大宮(本社)と同じ規模の壮麗な神殿を造営しました。
 
翌年旧暦九月十七日、若宮の御神助を願って春日野に御神霊をお迎えし、祭礼を奉仕したのが「おん祭」の始まりです。長雨洪水も治まり晴天が続いたので、以後870年余にわたり、五穀豊穣・万民安楽を祈り、盛大に執り行われています。
 
111212_23.jpgおん祭は、奈良の年中行事で最も大規模なものとして有名。見所は神霊の渡御式です。装束姿の春日の使いを先頭に、巫女・細男(せいのお)・田楽法師・競馬騎士・大名行列などが市中を練り歩きます。御旅所にはかがり火が焚かれ、深夜まで古典芸能が奉納されます。おん祭は、国の重要無形民族文化財に指定されています。
 
春日大社
◇奈良市春日野町160
◇JR・近鉄「奈良駅」から「春日大社本殿行」バス約11分
◇公式HP
http://www.kasugataisha.or.jp/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月17日「奈良、春日大社 若宮おん祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/549

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28