二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月15日「東京 世田谷ぼろ市」です。

■12月15日「東京世田谷ぼろ市」です。■
東急多摩川線「世田谷駅」から元の代官屋敷にかけての道路とその横丁などにおいて開かれる「ぼろ市」は天正6年(1578)小田原城主北条氏政がこの地に楽市を開いたのが始まりです。
 
121206_21.jpg楽市・楽座(らくいち・らくざ)=戦国時代から近世初期において、織田信長、豊臣秀吉の織豊政権や各地の戦国大名が城下町などの支配地の市場で、城下町を繁栄させる為にとった商業政策のこと。それまでの座商人の特権廃止や市場税の廃止、また、座そのものの廃止によって新興商人の自由営業を許したもので、「楽」とは規制が緩和されて自由な状態となったの意。
 
寛永10年(1633
世田谷領二十ヶ村は、彦根藩・伊井家の所領となりました。
世田谷領代官に大場盛長が任命され、以来明治維新まで大場氏が代官職を世襲。大場氏は領民が正月を越せるようにと、物々交換の市を立て、不用の物を売って年越し資金を捻出すると言う目的で開かれていました。


111208_16.jpg市に並べられた物は、古布・古下駄・古道具などでしたが、明治中期からは農民向きの市に変わり、その後に植木市となって、現在では骨董品、日用雑貨、古本や中古ゲームソフト、中古CDを売る露店も。


ボロ市は午前9時の花火の音を合図に始まります。代官屋敷のある「ボロ市通り」を中心に、約750店の露店が並びます。ボロ市名物「代官餅」は、あんこ・きなこ・からみの3種類。その場で蒸してついた餅には行列が続き、毎年多くの人々で賑います。


開催地
◇東京都世田谷区「ボロ市通り」と世田谷通りの一部。
◇東急世田谷線「上町」「世田谷駅」すぐ
◇世田谷区HP:http://kisetsunootayori.com/mt/mt.cgi

開催日時 ※雨天実行

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
ぼろ市は12月1月の2回開催されます。世田谷区HPのコメントです。
430年以上にわたる歴史のある、伝統の市で、東京都指定無形民俗文化財に指定されています。
骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な商品が販売されます。
露店数750店舗、来場者数 数十万人という、活気のある"市"の雰囲気をぜひ味わってください。

筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月15日「東京 世田谷ぼろ市」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/545

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28