二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月14日「東京、高輪泉岳寺 義士祭」です。

■12月14日「東京高輪泉岳寺義士祭」です。■
111212_10.jpg「泉岳寺:せんがくじ」は、曹洞宗の寺院で江戸三箇寺のうちの一つ。慶長17年(1612)門庵宗関和尚(もんなんそうかんおしょう=今川義元の孫)を拝請して徳川家康が外桜田(現ホテルオークラの近辺)に創立した寺院です。
 
寛永18年(1641)寛永の大火によって焼失。時の将軍・家光が、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷・今川の六大名に命じ現在の高輪の地に再建されました。


浅野家と泉岳寺の付き合いはこの時以来のもので、赤穂義士の墓があることで有名。本所松坂町の吉良邸へ討ち入った12月14日を記念して全国各地で「義士祭」が行われ、盛大な法要が執り行われます。


泉岳寺義士祭(冬)午前11時「墓前供養」浅野長矩公之墓所。午前12時「献茶式」東阿部流献茶式(本堂)引き続き義士追善供養(本堂)※本堂の行持は一般非公開。


今から約300年前に起きた一大事件「赤穂義士たちによる討ち入り」は、主君・浅野内匠頭の無念を晴らす為に1年9ヶ月もの歳月が費やされました。見事本懐を遂げた英雄達の忠誠心は、当時から伝え語られ今もなお国民的ロマンとして受け継がれています。年末になると「忠臣蔵」がTVの時代劇の主役です。

121206_20.jpg町内では「義士パレード」が行われます。殺陣、義士娘輿道中、当時の赤穂藩主の参勤交代を偲ばせる大名行列。殿中刃傷の場や討ち入りの場など、忠臣蔵の名場面を演じる山車、四十七義士に扮し意気揚々と泉岳寺へと向かう義士行列へと続き、沿道を埋める観客を「赤穂浪士討ち入り」へと誘います。

泉岳寺
◇東京都港区高輪2-11-1
◇地下鉄都営浅草線・京浜急行電鉄「泉岳寺駅」徒歩3分
公式HP:http://www.sengakuji.or.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
毎年12月になると、忠臣蔵、赤穂浪士が話題になります。年配者の中には忠臣蔵といえば雪をイメージされる方もいらっしゃるでしょう。
近年は歴史ファンが増え、女性の武将マニアが泉岳寺の赤穂浪士碑や義士祭に訪れるようになりました。
当時では徳川の御政道、現代では自民党政権で機密保持法の強行採決など、満足しない輩はいつの時代もいるものです。赤穂浪士のような従順な部下を、自ら死に追いやるような社会には、なって欲しくないものです。
12月に入り木枯らしも吹き、日没後は冷え込みを感じます。風邪を引きやすい季節です。
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月14日「東京、高輪泉岳寺 義士祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/544

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28