二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

12月9日「漱石忌」夏目漱石の命日です。

■12月9日「漱石忌」です。■
111205_11.jpg「夏目漱石」は、慶応3年(1867)江戸牛込馬場下横町の町方名主、夏目小兵衛直克の末子として生まれました。母は子沢山の上に高齢で出産したので恥じたとか。漱石は望まれない子として生まれ、幼くして養子に出されます。

本名「金之助」と名付けられたのは、漱石の生まれた日が「庚申」に当り、庚申の日に生れた子供は大泥棒になるといわれ、それを避ける為に名前に「金」の字をつけました。

明治22年(1889)大学の同窓・正岡子規との出会いにより俳句を学びます。帝国大学英文科卒業後、松山中学校、熊本第五高等学校などの教師を務めた後、英国へ留学。帰国後、東大講師を勤めながら「吾輩は猫である」を執筆し、子規門下の会「山会」で発表し好評を博します。

121205_25.jpg翌年、雑誌「ホトトギス」に読み切りとして掲載。これが評判で「倫敦塔」「坊ちゃん」などの作品を発表。人気作家としての地位を固めます。以後、朝日新聞に「虞美人草」「三四郎」「それから」「門」「彼岸過迄」「行人」「こゝろ」「道草」「明暗」などを連載。

大正5年(1916)12月9日胃潰瘍のため死去「明暗」の執筆中でした。享年50歳。最期の言葉は寝間着の胸をはだけながら叫んだ「ここにみずをかけてくれ!死ぬと困るから!」であったといいます。

漱石の遺体は解剖され、摘出された脳は現在もアルコールに漬けられた状態で東京大学医学部に保管されています。重さは1425g。戒名は「文献院古道漱石居士」。墓所は東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園(ぞうしがやれいえん)です。

雑司ヶ谷霊園
◇豊島区南池袋4-25-1
◇JR「池袋駅」東口徒歩約20分

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
雑司ヶ谷霊園では、ジョン万次郎、小泉八雲、島村抱月、竹久夢二、泉鏡花、東條英機、永井荷風、サトウハチロー、東郷青児、大川橋蔵など著名人が眠ります。また、漱石「こゝろ」の舞台にもなっています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月9日「漱石忌」夏目漱石の命日です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/532

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31