二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

1月8日「東京 鳥越神社 とんど焼」です。

■1月8日「東京 鳥越神社 とんど焼」です。■
140105_20.jpg「とんど焼き」とは、お焚き上げ神事のことです。地域によっては「どんと」、「左義長」、「どんどん焼き」などと呼ばれています。

年の暮れからお正月を迎える準備を進め、門松を立て〆飾りや輪飾りなどで家中を清め、神棚を清めて正月をお待ちして、正月の種々の行事を七種粥のお祝いとともに滞りなくすませます。8日に家々では、お正月飾りを取り払う習わしになっています。

121228_23.jpg

とんど焼きは、宮中においても平安の昔から行われていました。神さまに関する尊いものを焼くという意味で「トホド焼き」といわれていました。

焼く時の囃子言葉「トンドヤ」、火の燃え上がる音が「ドンド」ということに因んで「ドンド焼き」ともいわれます。

七草明けの8日に、〆飾りや古いお札等を焼き、正月様をお送りするとともに1年の無病息災を祈ります。


鳥越神社
◇東京都台東区鳥越2-4-1
◇鳥越神社とんど焼き参考
http://hix05.com/nenju/tondo/tondo.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
鳥越神社とんど焼きは、正月のお飾りなどを外して炊き上げる神事です。
1月中旬には各地で同じような祭礼が斎行され、どんと焼きを境に、日常生活に戻るといった節目の神事です。
平成に入ってから、正月2日には営業している量販店などもあり、すでに正月気分もそう長くは感じられない時代です。
「小寒」が過ぎ、2月には「立春」で暦の上では春です。冬から春への季節の変わり目です。
時節柄お体ご自愛専一程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 1月8日「東京 鳥越神社 とんど焼」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/588

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31