二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

1月6日「高崎 だるま市」です。

■1月6日「高崎 だるま市」です。■
120104_11.jpg毎年1月6日正午から7日午後1時までの両日、少林山達磨寺内で「少林山七草大祭だるま市」、通称「高崎だるま市」が開かれます。

だるま(達磨大師)は、禅宗開祖の達磨の坐禅姿を模した置物、または玩具で、縁起物として親しまれています。多くは張子(はりこ)で作られ、目の部分は書き入れずに白のままに残します。そして何らかの祈願を行った後、祈願が叶うと目を書き入れます。

「起き上がり小法師(こぼし)」は、底が丸く重心が低く作られ、倒しても起き上がります。その何度でも起き上がる様子が「達磨の面壁九年」という坐禅を続けた逸話に見立てられ、達磨の顔が描かれるようになり、「起き上がり」「七転八起」から、次第に縁起物とされるようになりました。

121225_31.jpg

だるまが赤いのは、達磨が赤い衣を着ていたとされることに由来します。だるまは魔よけの力があるとされ玩具として子供に与えられていました。

群馬県高崎市で生産されるだるまは「上州だるま」とも呼ばれます。全国生産の約80%が生産されます。

少林山達磨寺
◇群馬バス安中車庫行き、「八幡大門前」にて下車、徒歩約10分
◇関越自動車道から 前橋ICから 約20分、前橋ICから 約20分
◇上信越自動車道から 高崎ICから 約30分 松井田妙義ICから 約35分
◇公式HP
http://www.daruma.or.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
明日1月7日は「七日正月」の式日です。また
「七草粥」「人日」などの撰日です。明日からは日常生活も平常に戻った新しい年の始まりといった日です。
二十四節季「小寒」から立春に向かって寒さの中にも春の気配が感じられる頃です。
皆様、油断から体調を崩さないようお体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 1月6日「高崎 だるま市」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/581

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31